0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

とちひめの特徴は?あまおう・とちおとめ・スカイベリーと比較すると何が違ういちごなの?

2021年5月5日のバラエティ番組「今夜くらべてみました(今くら)」で放送られた、栃木県の幻のイチゴ「とちひめ」が話題になっています。

高嶋ちさ子さんが豪快にかぶりついているのを見ると、食べたくなりますよね!

しかし、とちひめは「幻」と言われるだけあってあまり聞き慣れない名前の苺だと思いますが、どんな特徴をもっているのでしょうか。

5つの特徴を紹介していきます。

また、他のいちご、例えばあまおう・とちおとめ・スカイベリーと比べると何が違うのでしょうか。

今回はその疑問について解説をしていきます。

とちひめとはどんな特徴をもったイチゴ?大きさ・糖度・旬・値段も

とちひめは、栃木県でしか食べられない、平成13年に開発された限定品種のいちごです。

ここでは、とちひめについて次の5つの特徴について解説をします。

  1.  大きさ
  2.  糖度
  3.  旬の時期
  4. 値段
  5. 県内シェア

とちひめの特徴① 大きさ

大きさは1粒がかなり大きく、中にはゆで卵ほどになるものもあるようです。

これはでかいですよね。1口では食べられません!

こんなに大きないちごはスーパーではなかなかお目にかかれませんよね。

とちひめの特徴② 糖度

とちひめの糖度は8~15度。 平均値は8.7度とされています。

一般的ないちごの糖度は9度と言われているので、とちひめは数値的にはそれほど高くありません。

とは言ってもとちひめは酸味が少ないため数字よりも甘く感じるようですよ。

後ほど紹介しますが、栃木県真岡市の野口英雄さんのいちご園では、なんと糖度が15.5度を超えるものが栽培されていました。

これはぜひ食べてみたいですよね!

とちひめの特徴③ 旬の時期

12月~5月初旬まで栃木県のいちご園などで見られます。

中でも最も美味しい時期は2月~4月です。

とちひめのいちご狩りや購入をする場合は、旬の時期を選ぶのがいいですね!

とちひめの特徴④ 値段

とちひめは1パック2000円ほどで販売されているようです。

こちはの画像では8個で2000円ですから、1粒250円ですね!

スーパーに売られているいちごは1パック500円くらいで売られていますから、とちひめは高級いちごであることがわかりますね!

とちひめの特徴⑤ 県内シェア

栃木県内でもなかなか市場に出回ることはなく、とちひめの県内いちごシェアはわずかに0.2%です。

というのも生産農家は栃木県でも20件ほどと少ないんです。

その理由は育成の難易度が高いことにあります。

同じ栃木県発祥でスーパーでもお馴染みのとちおとめは、苗を植えればほぼ100%いちごが獲れるようになるのですが、とちひめは50%の苗しか育たないそうです。

栃木県の人でもなかなか食べられない、まさに「幻」のいちごなんですね。

とちひめはあまおう・とちおとめ・スカイベリーと比較すると何が違ういちごなの?

ここまででとちひめの特徴がわかったところで、身近ないちごと比較をしてみましょう。

あまおう

あまおうは、福岡県発祥のまさにいちごの王様ですよね!

あまおうの糖度は11度以上で、土地姫に比べれば甘みが強いようです。

あまおうもとちひめと同じくサイズが大きいのが特徴です。

果肉はとちひめに比べれば固めで、傷みにくいのか特徴です。

とちおとめ

とちおとめはいちご王国栃木でも、もっとも高いシェアを誇っている全国でも有名ないちごですよね。

とちおとめは糖度が高く9〜15度あります。

平均糖度も9.7で、とちひめに比べれば数値はたかいですよね。

また、とちひめよりも比較的日持ちがするのも魅力のひとつのいちごです。

スカイベリー

スカイベリーは栃木県があまおうに対抗して開発したいちごです。

スカイベリーの糖度は9.2度で、甘さはとちひめに比較的近いいちごと言えると思います。

もっとも美味しいのは1〜2月で、旬はとちひめとは少し違いますね!

スカイベリーも栃木県が力の入れているいちごの1つです。

とちひめはどこで買えるの?

とちひめは先程紹介した野口英雄さんのいちご園や道の駅で食べることができます。

野口英雄いちご園

野口英雄いちご園は、テレビに特集されることもある栃木県では有名ないちご園です。

このいちご園では先ほど紹介した糖度15.5のとちひめを味わうことができます。

現在は食べ放題はやっていないようですが、いちごの摘み取り体験や量り売りの販売はやっていますので、営業期間中にぜひ行ってみてください!

住所 栃木県真岡市古山279
電話番号 080-5419-8748
営業期間 12月中旬~5月中旬

道の駅 にしのみや

続いては栃木県真岡市にある道の駅・にしのみやです。

道の駅・にしのみやはいちごの販売だけではなく、いちごのスイーツも取り扱っているスポットです。

イチゴ好きにはたまらない道の駅ではないでしょうか。

栃木県真岡市に立ち寄った際は絶対に立ち寄りたいですよね!

住所 栃木県真岡市久下田2204-1
電話番号 0285-73-1110
営業時間 9:00-18:00
定休日 1月1日と第3火曜日

まとめ

今回は、栃木県の幻のいちご、とちひめについて解説をしました。

とちひめは

  1.  大きさ
  2.  糖度
  3.  旬の時期
  4. 値段
  5. 県内シェア

といった特徴があることがわかりましたね。

栃木県に行った際はぜひ幻のいちご・とちひめを食べてみてくださいね!