0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

【ロレアルパリ】ヘアケアは撤退するの?日本ロレアルが撤退する理由はなぜ?

2021年5月31日、日本ロレアルがロレアルパリのメイクアップ事業とネイルブランド「エッシー」の日本撤退を発表して話題になっています。

ロレアルパリのヘアケア部門は今後どうなるのか不安になりますよね!

そこで今回は、ロレアルパリのヘアケア部門は継続するのかを解説していきます。

また、日本ロレアルパリとエッシーがなぜ日本から撤退するのかもあわせて説明をしていきます。

ロレアルパリはヘアケア事業も撤退するの?

結論から言ってしまうと、ロレアルパリはメイク事業のみの撤退なので、ヘアケア事業は存続します。

なので、ロレアルパリのヘアケア商品を使用している方は、2022年以降も購入することができるので安心してくださいね。

そして、日本ロレアルからロレアルパリとエッシーが撤退すると報道され、かなり大事のように聞こえますが、

上の図のように巨大なロレアルグループのごく一部が、日本から撤退するだけ、ということがわかりますよね。。

なので、ロレアルパリのメイク商品やエッシーのネイル商品を購入していた人以外は、影響はないと考えてもOKです。

ロレアルパリとエッシーはなぜ日本ロレアルから撤退するの?

ロレアルパリとエッシーが日本ロレアルから撤退する理由は、コロナ禍のせいです。

具体的にどういうことかというと、

新型コロナウイルス感染拡大の状況下でポートフォリオを再構築し、経営資源を成長事業に集中していくための決断

引用元:FASIONSNAO.COM

だそうですが、難解な表現で何を言っているのかわかりませんよね。

要するに、コロナ禍で外出する機会が減ったため、メイクアップの採算が取れなくなってきたので、日本ロレアルが事業の整理に踏み切った、というところでしょうか。

エッシーのネイルも、外出が減ればネイルケア用品も売れにくくなるので、同様の理由ですね。

ヘアケアやヘアカラーは、外出が減っても需要があるため、日本ロレアルはこれらの分野に力を入れていくようです。

ひょっとすると、今後は別のブランドのメイクアップ分野の撤退の可能性もありそうですよね。

世間の反応|ロレアルパリ撤退で勘違いする人が続出

それでは、ロレアルパリが日本から撤退することを受けた世間の反応を見ていきましょう。

Twitterでは、

  • ケラスターゼせっかく買ったのにどうするの、と思ったらヘアケア部門は継続で安心した
  • ヘアケア部門が残るなら別にいい
  • ヘアケアなくなると困る!

といった意見がありました。

ロレアルパリが撤退するというニュースで、ヘアケア部門がなくなることに危機感を感じた人たちも多いようなので、かなり紛らわしいですよね。

まとめ

今回は、ロレアルパリのメイク部門とエッシーが日本ロレアルから撤退するニュースから、ロレアルパリのヘアケア部門がどうなるのかを解説しました。

ロレアルパリが日本ロレアルから撤退するのは、メイクアップ部門だけなので、ヘアケア部門はそのまま継続となることがわかりました。

しかし、今後のコロナウイルスの感染状況によっては日本ロレアルからのさらなるブランド撤退も予想されるので、最新の情報にアンテナを張っておくのがよさそうです。

このコロナ禍で「観光や飲食関係の業種が危ない」とよく耳にしますが、ロレアルパリの日本撤退のニュースで、メイクアップ業界も苦しい業種の1つであることを思い知らされますよね。

コロナ禍で苦しい業界は他にもあるはずで、メイクアップ業界に限らず、今後もロレアルパリのように突然日本から撤退するブランドが出てくる可能性はありそうです。

早く普段どおりに生活できる日が来ることを切に願います。