0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

ウーバーイーツのチップは払うべき?ペイペイや現金でも払える?

Uber Eats(ウーバーイーツ)が日本に登場して5年以上が経過し(2021年8月時点)、当たり前のサービスになってきました。

ウェブ広告では手越祐也さんやペコパなどの人気芸能人も出演しているので、これからウーバーイーツを利用する人も増えいきそうです。

ウーバーイーツから料理を注文してみると配達員にチップの金額を入力するところがありますが、初めての利用だと払うべきなのかわからないですよね。

そこで今回は、ウーバーイーツのチップを払うべきなのかを解説していきます。

また、ペイペイや現金などで支払うことはできるのかもあわせて紹介していきます。

ウーバーイーツのチップは払うべき?

ここではウーバーイーツのチップを支払うべきなのかを解説していきます。

ちなみにヤフー知恵袋でもしたの画像のような質問がありました。

閲覧数からも、ウーバーイーツのチップに対してどのように対処をすべきか悩む人は多いことが分かりますね。

ウーバーイーツのチップは強制ではない

まず、ウーバーイーツのチップ制度は強制ではありません。

なので払いたくない場合は、払わなくても大丈夫です。

ただ、心情的に「払うのが暗黙の了解なのでは?」とどうしても思ってしまう場合もあると思います。

しかし実際にウーバーイーツの配達員の声を見てみると、チップに対してはそれほど期待していないようです。

なので自分の気持ちに正直に行動していくようにしましょう。

配達員はチップをもらうとうれしい

とはいっても、やはり配達員はチップをもらえると嬉しいと感じる人は多いようです。

配達員のTwitterを見てみると、中には手渡しでチップを渡す依頼人もいるようですね。

配達員は金額の大小に関わらず「もらえた」ことに喜びを感じているようです。

依頼人の感謝の気持ちを形にしたものがチップになりますので、配達員にとっては嬉しいですよね。

なのでチップを払うかどうか悩んでいる場合は、10円でも20円でも配達員に感謝の気持ちを表してみるというのも「アリ」だと思います。

ウーバーイーツのチップはPayPay(ペイペイ)や現金で払える?

もしウーバーイーツの配達員にチップを支払うことにした場合、PayPay(ペイペイ)や現金で支払うことはできるでしょうか。

ウーバーイーツのホームページを見てみると、クレジットカード決済の場合のみチップの入力ができます。(2021年8月時点)

なので、PayPay(ペイペイ)によるチップの支払いは現時点ではできません。

また、先程も紹介したように直接配達員に現金でチップを渡す依頼人もいますので、現金によるチップの受け渡しはOKです。

配達員はシステムでチップがもらえることは確認できますが、手渡しでもらった方が依頼人の顔が見えるので嬉しいようです。

なのでクレジットカード決済でウーバーイーツを利用する場合でも、直接配達員にチップを渡してみるとお互い気持ちがよい取引ができるかもしれませんよ。

ウーバーイーツのチップ相場はいくら?

ウーバーイーツのチップの相場は、100円から200円と言われています。

これは料理の代金の10%程度を目安にしているからです。

チップ文化が当たり前のアメリカでは、サービス内容にも異なりますが料金の10%から20%をチップとして支払うことが多いです。

なので1000円の料理を注文したのなら100円を支払う、などと自分でルールを決めておくと良いと思います。

とはいえ、先程説明したとおりウーバーイーツの配達員は金額に関わらず「チップをもらえた」ことに対して喜びを感じます。

あまり固く考えず、自分の気持ちをそのまま金額にすればよいのではないでしょうか。

まとめ

今回はウーバーイーツのチップについて解説をしました。

チップの文化に馴染みがない日本人は、チップを配達員に支払うことに戸惑ってしまうかもしれませんが、強制ではないので支払わなくてもOKです。

ただチップをもらえると配達員はうれしく感じるようです。

今世界的に暗いニュースが多い中で、100円ほどの出費で誰かを嬉しい気持ちにできるのは素晴らしいことではないでしょうか。

もし気持ちとお財布に少しの余裕があるのであれば、少しチップを弾んでみてはいかがでしょうか。