【松下玲子市長の国籍】帰化したのか調査!外国籍(韓国人や中国人)の噂を検証

この記事では松下玲子市長の国籍について解説します。

東京都武蔵野市では2021年12月21日に外国人住民投票条例案が議会に否決をされたものの、松下玲子市長は再提出する意向を示しており、話題になっています。

なぜ松下玲子市長はここまで外国人住民投票条例案を通したいのか不思議に思いますね。

もしかすると松下玲子市長は外国籍から帰化したために、外国人を優遇したいのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は松下玲子議員の国籍と、さらに松下玲子市長が外国人への住民投票権を認めさせたい理由が理解できるようにまとめました。

松下玲子市長は帰化したのか国籍を調査!

松下玲子市長が帰化したのか、元々の国籍はどこの国なのかを調査した結果、生粋の日本人であると考えられます。

まず、松下玲子市長の生まれは愛知県名古屋市です。

その後松下玲子市長は父親の仕事の転勤のため、高校生になるまでに東京→横浜→北海道と移り住んでいます。

ご両親の国籍は不明ですが、父親については転勤を繰り返していることを考えると外国人である可能性は極めて低いと考えられます。

また、松下玲子市長は外国で生活をした経験もありません。

松下玲子市長は高校卒業後、東京の大学を経てサッポロビールに入社、その後政治家に転身を遂げており、その間日本で生活をしています。

つまり、松下玲子市長は日本人であり、外国で生活することもなかったため外国人をひいきにする理由がありません。

それではなぜ松下玲子市長が外国人住民投票権にこだわるのかを解説していきます。

松下玲子市長(武蔵野市)はなぜ外国人への住民投票権を認めさせたいのか

武蔵野市の松下玲子市長が外国人住民投票権にこだわる理由は、ボーダーレス(国境で分けない)を望んでいるからだと考えられます。

松下玲子市長は今回の外国人住民投票権に限らず、ボーダーレス・ジェンダーレス(性別で分けない)などの平等性を重んじているところが随所に見られます。

例えば松下玲子市長は憲法9条の改正に反対する「全国首長九条の会」の共同代表になっています。

憲法9条は一切の武力を持たないことを謳っており、松下玲子市長は誰とも争わない、平等な世界を望んでいます。

また、松下玲子市長はLGBT(同性愛者)の人が婚姻できるように「パートナーシップ宣誓制度」を武蔵野市で設立したことでも知られています。

これらのことから松下玲子市長は、国境や性別で差別をしないことを政策の指針としていることがわかります。

つまり、今回の外国人投票権についても「外国人を優遇させたい」ということではなく、日本人も外国人も差別することなく市政に参加して欲しいという気持ちの表れだと考えられます。

【まとめ】松下玲子市長は外国籍から帰化したのかを検証した結果

今回は松下玲子市長が帰化をしており、外国籍から国籍を変更したのではないか、という疑問について解説をしました。

松下玲子市長は生い立ちから考えると生粋の日本人である可能性が非常に高いです。

またこれまでに外国で生活するということもありませんので、今回の外国人投票権にこだわる理由は、外国人を優遇させたいという気持ちからではないと考えられます。

松下玲子市長はこれまでの政策や活動から国境や性別で差別をしない平等な社会を望んでおり、外国人投票権についても同様の思いから議会に条例の改正案が提出したと考えられます。

外国人投票権については賛否がありますがぜひ市民を含めて話し合い、最もよい解答が出されることを望みます。