ミカ・ユッカラの経歴wikiと顔画像!女子選手の審査に介入した理由はなぜか

ミカ・ユッカラの経歴wikiと顔画像!女子選手の審査に介入した理由はなぜか

この記事ではスキージャンプのコントローラーであるミカ・ユッカラさんの経歴をwikipedia風に解説していきます。

2022年2月7日に行われた北京オリンピックのスキージャンプ混合で、日本の高梨沙羅選手を始めとして多くの女子選手が失格処分になった裏には、コントローラーのミカ・ユッカラさんによる審査があったからだと言われています。

そこで今回はミカ・ユッカラさんがどのような人物なのかその経歴をwikipedia風に紹介するとともに、女子選手の審査に介入した理由はなぜなのかを解説していきます。

ミカ・ユッカラの経歴wikiと顔画像!

まず、気になるミカ・ユッカラさんの顔画像がこちらになります▼

ミカ・ユッカラの顔画像

国際スキー連盟HPより

2022年2月時点で59歳のミカ・ユッカラさんですが、とてもダンディーですよね。

それではミカ・ユッカラさんの経歴をwikipedia風に解説していきます。

ミカ・ユッカラの経歴wiki:略歴

ミカ・ユッカラの経歴の略歴は次のとおりです。

  • 1963年1月30日にフィンランドで生誕
  • 若いころはスキージャンプの選手として活躍
  • 1990年からフィンランドのスキージャンプ競技責任者を担当
  • 2004年以降はスキージャンプの国際大会で競技責任者を担当
  • 2007年ワールドカップの競技責任者を担当
  • 2007年~2017年までノルディックスキーの競技責任者を担当
  • 2008年にスキー用品メーカーの「スカニア」のプロダクトマネージャーに就任
  • 2010年以降フィンランドのスキー用具調整を担当
  • 2021年4月から国際スキー連盟(FIS)のスキージャンプの用具調整を担当

ミカ・ユッカラの経歴wiki:管理者としての実績が豊富

ミカ・ユッカラさんの経歴をざっと見てみると、選手としてよりも管理責任者としての実績・経験が豊富な人物であることがわかります。

ミカ・ユッカラさんは1990年から競技責任者としてのキャリアをスタートさせており、2022年時点でその経験年数は30年を超えています。
ミカ・ユッカラさんにとって、大会の規定やルールは絶対で、これまで厳格な姿勢で臨んできたに違いありません。

そのため、今回の北京オリンピックのスキージャンプ混合の女子選手に多くの失格者が出たのは、長年の経験から培われたルール遵守に対する責任感が一因であると考えられます。

それではなぜ突然ミカ・ユッカラさんが女子選手のスーツの審査に介入することになったのか、その理由を解説していきます。

ミカ・ユッカラが女子選手の審査に介入した理由はなぜか

ミカ・ユッカラさんが北京オリンピックのスキージャンプ混合で、女子選手の審査に介入した理由は、同種目が今大会初めて採用されたことに原因があると考えられます。

スキージャンプの慣例として、スーツの規定審査は男子選手には男性のコントローラー、女子選手には女性のコントローラーが担当することになっています。

しかし、今回問題が起こったのは「男女混合競技」です。
そのためキージャンプの慣例は適用されず、男女関係なく同じコントローラーがスーツの審査を担当した、という事情が考えられます。

今回のスーツ審査では女子選手にとっては抜き打ち的な状況になってしまい、失格処分となり涙を飲んだ選手が多すぎると世界的にも報道されることになりました。

これを受けて国際スキー連盟も、今後のスーツ審査のあり方について議論を深めることになると思います。
特にオリンピックのような世界中で注目される大会で失格選手が多いというのは、選手も視聴者も不満が募りますので、今後はこのようなことがないように、今回の件を教訓にして改善をお願いしたいですよね。

【まとめ】ミカ・ユッカラの経歴wikiと顔画像!女子選手の審査に介入した理由も

今回はスキージャンプのコントローラーであるミカ・ユッカラさんの経歴wikiと顔画像を紹介するとともに、女子選手のスーツ審査に介入した理由を紹介しました。

ミカ・ユッカラさんは競技責任者としての経験が豊富で、30年以上もその道に携わってきました。
そえゆえ競技用具に対する審査に厳格になってしまうのではないかと思われます。

また、今回女子選手の審査をミカ・ユッカラさんが担当したのは「男女混合競技」であるたえ、一人の審査員が性別関係なく担当したという運営側の事情が考えられます。

いずれにせよ、今回のやり方は世界的にも不満が噴出していますので、改善が求められているのは間違いありません。