中村親方(豪風)二所ノ関部屋付きの理由はなぜか?居候は稀勢の里との関係が影響か

中村親方(豪風)二所ノ関部屋付きの理由はなぜか?居候は稀勢の里との関係が影響か

大相撲で横綱を務めた元稀勢の里関として知られる二所ノ関親方が、二所ノ関部屋を開設して大きな話題となっています。

報道によると、元豪風の中村親方が二所ノ関部屋付きで弟子を指導する状況も報道されています。

そこで今回は元豪風・中村親方が二所ノ関部屋に居候している理由について、中村親方の現状を踏まえて解説していきます。

調査の過程で中村親方と二所ノ関親方の仲が良い理由も見えてきました。

元豪風・中村親方が二所ノ関部屋に居候している理由はなぜか?

元豪風の中村親方が二所ノ関部屋に居候している背景としては、中村親方が在籍していた尾車部屋が2022年初場所後に閉鎖されたことにあります。
尾車親方は中村親方の師匠にあたります。
尾車部屋が閉鎖となった理由は、尾車親方の定年に加えて宿舎が使用できなくなったという事情があります。

そのため、弟子に稽古をつける場所を失った元豪風の中村親方は、元稀勢の里である二所ノ関部屋を頼り、2022年6月から居候のような状況となっています。

さらに元豪風の中村親方はすでに離婚しているため、女将さんがいないため部屋の運営が困難な状況にある可能性があります。

もちろん、藤島親方(元武双山)や東関親方(元高見盛)など独身でも部屋を運営している親方もいます。
しかし、その場合先代の女将さんや兄弟などのサポートを受けることで成り立っていると言えますので、どの親方にも成り立つとは限りません。

したがって中村親方が女将不在でも弟子が路頭に迷わないように、二所ノ関部屋付きとなって居候していることが考えられます。

また、数ある部屋の中で元豪風の中村親方が二所ノ関部屋を選択したのは、元稀勢の里の二所ノ関親方との関係が大いに影響していることがわかりました。
これから、中村親方と二所ノ関親方の関係について掘り下げて解説していきますので、このままぜひご覧ください。

元豪風・中村親方と二所ノ関親方の関係とは

元豪風・中村親方と元稀勢の里の二所ノ関親方は、7つ歳が違いますが(中村親方が年上)、相撲教習所で一緒に相撲を学んだ、いわゆる「同期」の関係です。

相撲教習所

部屋に入門した力士が相撲と一般常識を学ぶために半年間通う場で、両国国技館に設立されています。

初土俵もほぼ同時期で、中村親方である豪風が2002年5月場所、二所ノ関親方である稀勢の里は2002年3月ですので、2人はお互いを意識しあうライバル同士でした。
その一方で中村親方は二所ノ関親方が引退するときに、横綱の重圧と戦い続けた稀勢の里に対して寄り添うようなコメントもしています。

つまり、中村親方と二所ノ関親方はライバルであると同時に気心が知れた仲と言えます。

NEWSポストセブンでは大きすぎる二所ノ関部屋の運営を心配する報道もされていましたが、女将がおらず独立の目途が立っていないと思われる中村親方はまだまだ居候する可能性は高く、しばらく二所ノ関部屋は安泰であると言えます。

また、中村親方は二所ノ関部屋が完成した際に、次のようにコメントして自身を奮い立たせています。

これだけの環境が整えられているから言い訳できない

スポニチより

このコメントからも、中村親方は二所ノ関部屋付けで弟子を育成していくことを想定していることが伺えます。
気心知れた中村親方と二所ノ関親方で、ぜひとも大相撲界を盛り上げていただきたいと思います。

【まとめ】中村親方(豪風)二所ノ関部屋付きの理由はなぜか?居候は稀勢の里との関係が影響か

今回は元豪風の中村親方が二所ノ関部屋付きで居候状態にある理由はなぜかを解説しました。

元豪風の中村親方が二所ノ関部屋付きなのは尾車部屋が閉鎖したことに伴い、弟子の育成を継続するために気心知れた二所ノ関親方を頼り、居候をしていることが理由の1つとして挙げられます。

加えて、中村親方は離婚をしているため女将さんがおらず、独立して部屋の運営をすることが困難であるという背景もあるかもしれません。

いずれにせよしばらくは中村親方は二所ノ関部屋に居候する可能性は高いと言えますので、2親方が切磋琢磨して角界を盛り上げていってほしいと思います。