0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

皇妃さまの育児論6話ネタバレ|皇子レオンの誕生日パーティは…?

漫画「皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~」が面白いと話題になっていますよね!

「皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~」の前話では、

皇妃エリサは王宮のある人間から命を狙われる危機的状態であったレオンを救うべく、

心を鬼にしてレオンの躾に徹していましたが、レオンが皇位に就くとそのまま自害。

突然エリサは能力を保ったまま過去にタイムリープしたのでしたが、

息子レオンを救う為、命がけで奔走するエリサなのでした・・・。

今回は「『皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~』の続きが気になる!」という方向けに、第6話のあらすじのネタバレを紹介していきます!

漫画「皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~」の6話ネタバレ!

それでは「皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~」の第6話のネタバレをしていきます。

6話ネタバレ要点

まず、「皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~」の6話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

6話ネタバレ
  • 疑問を抱くブレミールは…?
  • 護るべきもの
  • 皇太子誕生日パーティー当日!
  • フードの集団、いったい彼らは誰!?

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

6話ネタバレ① 疑問を抱くブレミールは…?

ブレミール侯爵はいまだ迷いの淵にいた。

自分がいたから、皇太子殿下はまだ無事でいられる。

自分が何をしなければ皇太子殿下に危険が及ぶかもしれない。

それを誰が止めるのか?自分が止めるとエリサは呟きます。

現世では絶対にというエリサの言葉に疑問を抱くブレミール。

6話ネタバレ② 護るべきもの

しかし魔力を失った第二皇妃様にそれが果たして可能でしょうか?と問いかけるブレミールでしたが、

余裕を持って考えるべきだ、できないと何故言えるのです?

それに護ると言ったのは皇子であってブレミール侯爵ではないと言うとブレミール侯爵は顔を赤らめ、

照れた笑いを見せるのでした。

エリサも笑い返すとあの皇妃がと驚くブレミール侯爵。

そこへアセンシオが剣の稽古を終えて、走り寄ってきました

形式の挨拶を済ませると、エルサは侯爵に「レオンの誕生日パーティーと皇太子殿下と共にご出席ください。
そこで私の持つカードが何なのか、直接確かめてください」とその場を後にするのでした。

6話ネタバレ③ 皇太子誕生日パーティー当日!

そして皇太子誕生日パーティーの当日。
そこには大客人と共にきらびやかなドレスに身を包む、エリサの姿がありました。
あまりの変わり様に招かれた客人達は第二皇妃様があんなにきらびやかなドレスを纏うなんて。
以前は全然着こなしが良くなかったのに、と褒め称えていました。
そして息子レオンもそんな母の思いもやらない美しさについに惚れてしまうのでした。
そして特別に招かれたアセンシオの姿もありました
誕生日おめでとうと祝福をあげる、皇太子殿下。
レオンに「君はずっと誤解をしていたんだ。
エリサがあんなにも君を愛しているだろう?」と告げるそのアセンシオの瞳もやはりレオンと同じように、
憂いと寂しさに溢れていたのでした。

6話ネタバレ④ フードの集団、いったい彼らは誰!?

アセンシオの取り巻きたちを招いたことにより、ブレミール侯爵は殿下の後見人を狙っているんだのではないか?と
エリサに侯爵は詰め寄りますが、以前私に殿下側についてもできることはないと言い、

今度は私が侯爵と殿下を利用しているとおっしゃるのですねと返す、エリサに返す言葉もないブレミールなのでした。

今はレオンを祝うパーティをお楽しみください、すぐに待っていた客人がお見えになりますと、エリサ。
その時、フードを被った集団が現れ・・・?

7話に続きます!

「皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~」6話の感想

レオンの死を回避できたエリサ、次は陰謀から身を守る為あらゆる手を尽くしていきます。

レオンの死を知っているから見えて来た、未来の全てを変えたいとの思いから、

第二后妃が凛とした対応を持って周りの人の気持ちを変えて行く素晴らしい物語ですね。

今後歴史もどんどん変わり、すべて良い方向に向かいます様に・・・!

次回も見逃せません!

まとめ 皇子レオンの誕生日パーティは…?

今回は「皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~」の6話のネタバレについて解説をしました。

「皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~」の6話は

  • 疑問を抱くブレミールは…?
  • 護るべきもの
  • 皇太子誕生日パーティー当日!
  • フードの集団、いったい彼らは誰!?

といったことがわかったお話でした。

次回はどんなお話になるのか楽しみです!