0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

【勝部元気】収入源や年収は?オンラインサロン失敗の過去も

2021年2月にお笑い芸人・おぎやはぎの小木博明さんの「女はピラニア」発言を巡り、勝部元気さんなどのフェミニスト(女性の権利拡張や、男女平等を主張する人)達と音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」で口論になったことが話題になっています。

世間では小木さんを炎上させようとするフェミニスト達の言動を見て、「頭おかしい」とまで言われ始めているようですね。

オリンピック組織委員会の森喜朗さんの女性蔑視発言や小木さんとの討論で活躍の場を広げるフェミニストですが、どのようにして生計を立てているのか気になりませんか?

そこで今回は勝部元気さんの収入源や年収に加えて、過去にオンラインサロンに失敗したという噂もあるので、それぞれ解説をしていきたいと思います。

勝部元気の収入源って何?

勝部元気さんは2014年に「株式会社リプロエージェント」を設立しており、代表取締役をしており、メインの収入になっていると思われます。

事業内容は、女性の活躍を目指す起業に向けてリプロダクティブヘルス・ライツの視点から経営支援を行っているようです。

ちなみにリプロダクティブヘルス・ライツとは、「性や子どもを産むことに関わるすべてにおいて、身体的にも精神的にも社会的にも本人の意思が尊重され、自分らしく生きられる権利」のことを言い、勝部元気さんのフェミニストとしての活動の起点になっているようです。

また他にも著書『恋愛氷河期』などの書籍を出版したり、テレビや雑誌、ウェブでのコメンテーターとして活動を行っています。

こうしてみると、仕事はかなりありそうですよね。

では年収はどれくらいあるのでしょうか?

勝部元気の年収は?

それでは勝部元気さんの年収は、低く見積もっても2000万円くらいはあるのではないでしょうか。

まず、社長としての年収を見てみると、中小企業の社長の平均年収は1700万円と言われています。

勝部元気さんの会社「リプロエージェント」がどれくらいの規模かはわからないのですが、今女性の活躍が叫ばれている中、需要はかなりありそうです。

なので、勝部元気さんの社長としての年収は少なく見ても1500万円はあると予想しました。

それに本の印税やメディアなどの出演料が500万円として、勝部元気さんの年収を2000万円以上として計算しています。

ただし本人は

最近はあまり儲かってはおりません(笑)特に、これまで連載していたエキサイトニュースが終了してしまい、現在転職(?)活動中であるため、いつもより質素な生活を心掛けています。

引用元:フェミニストはもっと儲からなければならない

と語っているのですが、2000万円の収入はあるのではないでしょうか。

勝部元気主催のオンラインサロンが参加者ゼロで失敗の過去

勝部元気さんは過去にオンラインサロンを企画するも、参加者ゼロに終わり失敗した過去があるようです。

勝部元気さんがどんなオンラインサロンを開いていたのか調べたところ、

2018年頃に「生きやすさ解放区」というオンラインサロンをやっていたみたいです。

どんなことをするサロンかというと

「世間の常識・偏見・差別等から解放されて、個人が生き生きとコミュニケーション出来るようなサードプレイスを一緒に作りたい」という願いを込めて立ち上げた、ファン・読者・フォロワーのためのオンラインコミュニティです。

だそうです。

しかし、

パトロン(支援者)がゼロで噂どおり失敗に終わってしまったようです。

毎月5400円の金額設定が間違っていたのか、活動内容に賛同者がいなかったのかはわかりません(笑)

まとめ

今回はフェミニスト・勝部元気さんの収入源や年収・オンラインサロンの失敗の過去について解説してきました。

まとめると

  •  収入源は会社の運営、本の出版、コメンテーターなど
  •  年収は2000万円以上はある
  •  オンラインサロンは参加者ゼロで失敗した過去がある

ということがわかりましたね!

オリンピックの組織委員会を発端にフェミニストの活動が目立ってきているので、これからも勝部元気さんの名前を見る機会は増えそうですね!