0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

スプーンを有料化する理由はなぜ?いつからコンビニのプラスチック製品に適用される?

2021年3月9日、小泉進次郎環境相がプラスチック製品(スプーンやフォーク、ストローなど)の削減を狙って、今後有料化を事業者に義務付けるとした発言をして話題になっています。

つまり、コンビニでスプーンやフォークをもらおうと思ったらお金を払う必要があるということです。

最近レジ袋を有料化したばかりなのに、「またかよ!」って思ってしまいますよね!

そこで今回はプラスチック製のスプーンやフォーク、ストローを有料化する理由や、いつからこの施策が始まるのかを解説していきたいと思います。

プラスチック製のスプーン・フォークやストローを有料化する理由はなぜ?

今回プラスチック製のスプーンなどの製品が有料化になる理由は、プラスチックごみ(プラごみ)の排出を抑制するためです。

小泉進次郎環境相は、

レジ袋有料化の発展版だ

引用元:iivedoorニュース

と発言しているので、2020年に実施されたレジ袋有料化と同じ理由のようです。

コンビニやスーパーでは、

  • スプーンなどを有料で提供する
  • スプーンなどを受け取らない人にポイントを付与
  • プラスチックに代わる素材を使う

といった変化が今後ありそうですね。

しかも、違反したコンビニやスーパーには50万円以下の罰金が科せられるので、レジ袋同様、今後はプラスチック製のスプーンを見る機会は激減しそうです。

エコバック同様、「マイスプーン」を持ち歩くのが普通になりそうですよね。小泉環境相からもそのようなライフスタイルの変化を望むような発言がありました。

いつからコンビニのプラスチック製スプーン・フォーク・ストローに適用されるの?

政府は2021年に開いいる通常国会にこの法案を提出して、順調に行けば2022年4から制度がスタートする見込みのようです。

なのでコンビニに限らず、2022年度からはプラスチック製のスプーンやフォーク、ストローが有料になりそうです。

コンビニからプラスチック製のスプーンが無くなれば、アイスやカレーなどを買う人が減ることがあっても増えることはないですよね。

コンビニを始めとしたお弁当やスイーツを売る業界にとっては向かい風になりそうですね。

プラスチック製のスプーンが有料になることに対する世間の反応は?

今回のニュースを受けてTwitterでは、驚きの声が多くありました。

まとめると、

  • 余計な事しないでほしい
  • そのうち呼吸も有料化しそう
  •  コロナ禍での有料化で不衛生にならないか

といったツイートがありました。

やはり、この法案に対しては多くの人が批判的な感情を抱くようですね。

まとめ

今回は、プラスチック製のスプーンなどが有料になる理由と、いつから始まるのかについて解説をしていきました。

まとめると、

  • プラスチックごみの排出を抑制するため
  • 2022年4月から制度開始予定

ということがわかりましたね。

今後も様々なものが有料化になっていくことが予想されますが、これも世の流れなのでしょうか。