0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

【ヴァレンティノ】帯を踏む広告の意味は?Koki出演の動画が大炎上

2021年3月に公開された、木村拓哉さんの次女・Kokiさんが出演するヴァレンティノの広告が大炎上しています。

広告の内容はKokiさんが着物の帯の上を歩いていくというものですが、日本人からすると不快に思ってしまいますよね。

そこで、今回はヴァレンティノの広告の意味について解説をしていきます。

また、今回日本ではどのように炎上したのか世間の声もまとめましたので紹介します。

ヴァレンティノの帯を踏む広告の意味は?

ヴァレンティノの広告は、帯をレッドカーペットに見立てたのではないでしょうか。

Kokiさんは日本人ですし、日本に関連するアイテムを使いたいと制作側が思っても不自然ではないと思います。

ただ、着物は日本の伝統的な衣服ですから、それを踏みつける行為をKokiさんにさせたのは軽率でしたよね。

ヴァレンティノの公式は今回の広告の意味や意図については何も発表していませんが、特に深い意味はなかったのではないでしょうか。

ヴァレンティノの広告をレッドカーペットに見立てたという意見はTwitter上でも見られます。

ヴァレンティノのクリエイティブ ディレクター、ピエールパオロ・ピッチョーリさんは日本人ではないので、あまり深く考えなかったのかもしれませんね。

これをいい教訓にして、広告を見たその国の人達がどのように思うのかを、慎重に考えてほしいと思います。

ヴァレンティノの広告に出演するKokiの動画が大炎上

ヴァレンティノの広告は公式からは削除されてしまったのですが、Twitter上で動画を見ることができました。

ちなみにこちらの広告は寺山修司が1979年に監督を務めた映画『草迷宮』がインスピレーションの元になっています。

だからこそ、日本の象徴でもある帯を大切に扱ってほしかったですよね。

そして、Kokiさんが出演する広告動画が日本で大炎上してしまいました。

Twitterを見てみると、

  • 木村拓哉の娘は仕事なら何でもするのか
  • ヴァレンティノのセンスが悪い
  • もう不快でしかない

といった声がありました。

モデルのKokiさんへの批判も見られましたが、彼女はまだ18歳(2021年3月時点)なので、意見できる立場にあったのかは分かりませんね。

まとめ

今回は、木村拓哉さんの次女Kokiさんが出演するヴァレンティノの広告が日本で炎上したニュースについて解説をしました。

帯を踏んだ意味は特に深いものはなく、レッドカーペットに見立てたものだと思います。

今回の日本での大炎上を受けて、ヴァレンティノから説明があるかもしれないので、今後どのような対応をとるのかが注目されますね。