0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

中川俊男会長が無能!政治資金パーティ以外にも批判が殺到していた

2021年5月11日、週刊文春は日本医師会の中川俊男会長が、自民党・自見英子議員の政治資金パーティの発起人を務めていたと報道しました。

新型コロナウイルス感染拡大で国民が我慢していたのに、それを裏切る中川俊男会長の行為は許せませんよね!

そんな中川俊男会長ですが、今回の件で「無能で嫌い!」という評判でもちきりです。

そこで今回は中川俊男会長に関する世間の評価を紹介するとともに、政治資金パーティ以外にも無能エピソードを紹介していきます。

中川俊男会長が政治資金パーティの件で無能と評判に

まずは、中川俊男会長に対する世間の評価を紹介します。

Twitterを見てみると

  • 中川俊男の無能を暴いた文春はこれからも頑張れ
  • 日本のトップは無能ばかりではないか
  • 自粛を求める側がこれか

といった意見がありました。

世間が中川俊男会長を許せないのは、国がコロナ禍での自粛を国民に求めてたのに、お手本となるべき医師会会長が率先してパーティを開催していたからです。

また、政治資金パーティの主催者は自民党の自見英子議員ですが、彼女は文春に2020年8月に妻子を持つ橋本岳議員と不倫が報道されています。

このようなスキャンダルがあった自見英子議員の政治資金パーティだったことも、国民の怒りをさらに買う原因になったと思います。

また、今回の件で中川俊男会長が会見で話した「言い訳」もひどいものでした。

ホテル側と十分な事前協議を行い、感染症対策のガイドラインに基づき開催いたしました。当日は、徹底した検温・手指消毒・マスク着用・十分な距離の確保を講じ、飲食の提供は一切行っておりません。

引用元:文春オンライン

この苦し紛れともとれる発言に対して、ヤフコメにはこのような皮肉コメントも挙がっていあました。

中川俊男会長は変な言い訳をせずに、素直に謝ったほうが正解だったのかもしれませんね。

中川俊男会長は政治資金パーティ以外にも批判されていた

そもそも中川俊男会長には、政治資金パーティの発起人騒動の前から批判がありました。

例えば、民間病院にコロナ患者の受け入れをさせない医師会のせいで、医療崩壊状態になっているという指摘もあります。

Twitterでは、そんな医師会の中川俊男会長に批判のツイートが相次いでいました。

まとめるとこのようになります。。

  • 日本医師会って記者会見以外何やってるの?
  • パフォーマンス感が否めない
  • 仕事してるふりをしているだけ

かなり厳しい意見が多いですが、頼れると思っていた医師会がまったく役に立たなかったため、世間の怒りの矛先が医師会に向いてものと思います。

まとめ

今回は日本医師会の中川俊男会長が、無能であると言われていることを紹介しました。

今回の件で中川俊男会長は辞任するのかもしれませんね。

今後医師会には、ぜひこのコロナ禍でのお手本となる行動をとってほしいと思います。