0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

小竹海広の学歴(大学・高校・学部)は?顔画像・経歴・プロフィールも紹介!【この指とめよう】

2021年5月、クリエイティブ・ディレクターでコピーライターの肩書きを持つ小竹海広(おだけみひろ)さんが、寺田心さんへの誹謗中傷ツイートを指摘されて炎上しています。

小竹海広さんはSNSの誹謗中傷を減らす活動をしており、「この指とめよう」という団体を設立しているので、このニュースには驚きましたよね!

今回はそんな小竹海広さんについて掘り下げて解説をしていきたいと思います。

小竹海広さんの大学・高校がどこなのか(学歴)、その他経歴やプロフィールを顔画像とともに紹介していきます。

小竹海広の大学・高校・学部はどこ?学歴を紹介

ここでは小竹海広さんの大学や高校を紹介していきます。

小竹海広の大学時代

小竹海広さんは早稲田大学と東京大学大学院を卒業しています。

それぞれの大学に在籍していた期間は次のようになります。

  • 早稲田大学創造理工学部 2009年~2013年
  • 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 2013年~2015年

小竹海広さんは早稲田大学時代に、建築家で早稲田大学の教授でもある古谷誠章さんの研究室に所属していました。

卒業設計では、複数の研究室のメンバーで構成されるチーム「Smicco」の一員として「Hyper cycle city ー飛躍する自転車社会ー」に取り組んでいます。

その後東京大学大学院に進学した小竹海広さんは、東京大学i.schoolにも所属しています。

東京大学i.schoolは2009年に東京大学で始まった、大学院生を対象にした技術革新の教育プログラムです。

小竹海広さんは後に広告業界に進むのですが、学生時代は建築関係を勉強していたんですね。

学生時代は美術部だった小竹海広さんは理系だったため、「絵」と「理系」をかけ合わせた領域である建築を自然と学ぶようになっていたそうです。

小竹海広の高校時代

小竹海広さんの出身高校は神奈川県横浜市にある浅野高校です。

浅野高校は神奈川県の男子私立御三家とも呼ばれる中高一貫の名門進学校で、東京大学の合格者を毎年30人~40人も輩出しています。

浅野高校は高校からの入学ができないので、小竹海広さんの出身中学も浅野中学校ということになりますね。

おそらく、小竹海広さんは高校でも美術部に所属していたものと思います。

このように小竹海広さんが非常に優秀な人物であることがわかったと思いますが、それだけに寺田心さんへの誹謗中傷のニュースは残念ですよね。

コチラの記事では、小竹海広さんの寺田心さんに対する誹謗中傷のツイートを紹介していますので、ぜひご覧ください。

小竹海広の顔画像・経歴・プロフィールを紹介!

小竹海広さんのプロフィールがコチラになります。

小竹海広プロフィール

  • 氏名:小竹海広(おだけみひろ)
  • 出身地:神奈川県
  • 職業:クリエイティブディレクター/コピーライター

小竹海広さんは東京大学大学院を修了した後は、広告業界に身を置いています。

建築を勉強していた小竹海広さんが広告業界に進んだ理由は、SNSに大きな可能性を感じたからです。

SNSやWebでは予算に関係なく、ふとした一言が世界中の人たちへ影響を与えている

引用元:advanced

建築では莫大な費用と長い年月をかけて、特定の地域に技術革新を起こすのに対して、SNSにはそのような概念がないところに小竹海広さんは魅力を感じたようですね。

そして、小竹海広さんはクリエイティブディレクターやコピーライターとして、CMなどを様々な作品を手掛けてきました。

最近だと、2021年3月から4月に行われた、アニメ映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」公開記念企画を覚えている方もいるのではないでしょうか。

この企画は、エヴァンゲリオンのキャラクターと「すき家」「なか卯」「はま寿司」「ココス」「ビッグボーイ」の5つのチェーン店がコラボしたCM作品で、ファンからも高い評価を受けていました。

しかし、その一方で発言は過激で、Twitterでは先ほど紹介した寺田心さん以外にも攻撃的なツイートが多くあります。

例えば、後ほど紹介しますが、「この指とめよう」のメンバーであるはあちゅうさんに対しても、誹謗中傷ともとれるツイートをしています。

その他にも不特定多数の人に対する、あまり気持ちの良いとは言えないツイートもありました。

 

このような人物がなぜSNSの誹謗中傷抑制団体を立ち上げたのか気になってしまいます。

今後「この指とめよう」がどうなっていくのか注目していきたいと思います。

まとめ

今回は、小竹海広さんの学歴を中心とした経歴について解説をしました。

小竹海広さんは早稲田大学を卒業後は東京大学の大学院に進学し、建築を学んでいました。

また、高校もかなり優秀な進学校に通っており、優秀な人物であることがわかります。

そのような人物が誹謗中傷をしていたというのはたいへん残念なニュースです。

今後の小竹海広さんの過去の誹謗中傷の発言への対応を注目していきたいと思います。