MENU

カテゴリー

0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

「ワタシってサバサバしてるから」26話ネタバレ!米沢が網浜に尊敬の眼差し?!

マンガアプリ「めちゃコミック」に掲載されている「ワタシってサバサバしてるから」が面白いですよね!

「ワタシってサバサバしてるから」の前話では、社内公募コンペ、入選すると金一封と該当企画を実現するリーダーとして、抜擢されると聞き、意気揚々と参加を決めた網浜。

しかし何故かアイデアが全く浮かびません。

意気込みだけは一人前な網浜ですが、編集部にいたとはいっても事務仕事しかしてこなかったため、

その実、企画に関しては全くの素人だったのでした。

休憩室へ行った網浜が目にしたのは、仲良さそうに笑い合う山城と本田の姿にピリピリの網浜。

自分も社内コンペに応募するつもりだと二人に語り始める網浜。

山城が飲んでいた飲み物を奪うと勝手に飲み干しながら、

心の中で本田に宣戦布告をしてその場を後にするのでした。

今回は「ワタシってサバサバしてるから」の26話の内容が気になる人のために、あらすじのネタバレを紹介していきます。

漫画「ワタシってサバサバしてるから」の26話ネタバレ!

それでは「ワタシってサバサバしてるから」の第26話のネタバレをしていきます。

26話ネタバレ要点

まず、「ワタシってサバサバしてるから」の26話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

26話ネタバレ
  • 苦戦の網浜、木内の優しさに「ありがとう」
  • 優しい木内にも網浜「雑魚」扱い!?
  • 網浜、傲慢な態度にも米沢に尊敬の眼差し!
  • 八方塞がりの網浜、ついに…!?

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

26話ネタバレ① 苦戦の網浜、木内の優しさに「ありがとう」

本日も黙々と仕事に取り組む社史編纂室のメンバーたち。

そんな中、網浜は1人社内コンペの企画書と格闘していました。

事務職とはいえ、今まで何年も編集部で編集者の企画書をたくさん見てきた自分に

できないはずがないと言い聞かせる網浜でしたが、気合いは十分でも、かなり苦戦している様子です。

みんなをあっと言わせるほどの斬新で新しいアイディアどころか何も思い浮かびません。

26話ネタバレ② 優しい木内にも網浜「雑魚」扱い!?

その様子を見かねた木内、大変そうな網浜に、「お手伝いできることがあれば言ってくださいね」と

優しい言葉をかけてくれます。

案外気が利くじゃないかと木内のことを見直した網浜。

ぶっきらぼうですが、小さく「ありがとう」と、網浜にしては珍しくお礼を言います。

少し木内に対して心を開いたのか、勝手に「キウッチ」という妙なあだ名までつけて呼び始めます。

そして話をしていくうちに、木内も社内コンペのに応募するつもりだということを知ります。

身の程知らずな女だなと心の中で木内のことを見下しつつ、雑魚が応募すれば自分が選ばれた時、

自分の価値が上がるだろうと勝手な考えを巡らせる網浜なのでした。

それから数日が経ち、いまだ社内コンペの企画が思いつかない網浜の焦りと不満は爆発寸前に。

しかしそれを自分の実力不足だとはまだ気づかず、

この社内編纂室という場所に自分が毒され始めたせいだ、と相手を責め始めます。

26話ネタバレ③ 網浜、傲慢な態度にも米沢に尊敬の眼差し!

社内コンペの企画で手一杯でイライラしている網浜、しかも、そんな彼女の元に米沢が恐る恐るやってきて、

資料のチェック作業をしてほしいと頼みます。

しかし網浜は「今、私は会社の命運がかかった重要な企画を考えているため、

誰でもできるような、そんな仕事は他の人に振ってよ!」と突っぱねます。

すると米沢が、あなたのその自信満々な態度の根拠って何なんですか?と唐突に聞きました。

「まともに仕事ができないのに、そこまで自信満々にできる理由が知りたい、教えてくれ」

と網浜に頼み込みます。

嫌味のない純粋な言葉だったのですが、聞いて網浜は皮肉と受け取ったか、怒り頂点に!

26話ネタバレ④ 八方塞がりの網浜、ついに…!?

そんな網浜ですが、社内コンペの企画と社史編纂室での仕事で残業をすることに。

お酒と男一筋の網浜にしては珍しい事でした。

社内コンペの企画書の応募締め切りまであと一週間。

残された期間もあとわずか。

本田に絶対に負けたくない、と追い詰められた網浜でしたが…!

27話に続きます!

 

「ワタシってサバサバしてるから」26話の感想

流石の網浜も、今回はかなり苦戦しているようですね。

しかも珍しく、「キウッチ」に御礼まで言うなんて網浜らしくない(!?)

意外なる一面も垣間見えた回でした。

それにしても、思わぬところから米沢の尊敬の眼差しを受け、

人の価値観とは、それぞれだと、ストンと腑に落ちました。

確かに自信のない人にとっては、

網浜のような存在はある意味、光り輝く最強の存在なのかもしれません。

「無いものねだり」な部分に関しては米沢も網浜も似ていますよね。

網浜も強気なだけならまだ良かったのですが…、あの傲慢な性格が…ねぇ(笑)

そして網浜は、本田を見返して元の部署に戻ろうと躍起です。

さすが、不屈の精神ですよね!しかし出てこないアイデアに、どんどん追い詰められて、一体何をしでかすのやら心配です。

まさか恩を売った木内に何がしか、仇なすのか…!

今後の展開、本当に気になります。次回も楽しみにしています!

ハラハラドキドキ、網浜の動きに注目です!

 

まとめ 追い詰められた網浜!どうする!

今回は漫画アプリ「めちゃコミック」に掲載されている「ワタシってサバサバしてるから」の26話のネタバレについて解説をしました。

「ワタシってサバサバしてるから」の26話は

  • 苦戦の網浜、木内の優しさに「ありがとう」
  • 優しい木内にも網浜「雑魚」扱い!?
  • 網浜、傲慢な態度にも米沢に尊敬の眼差し!
  • 八方塞がりの網浜、ついに…!?

といったことがわかったお話でした。

次回はどんなお話になるのか楽しみです!