坂口杏里の病名は何か?病気ではなく仮病を疑う声も

福島進一さんとの結婚&離婚にかかる義姉とのトラブルが話題の、坂口杏里さんが患っている病気の病名についてまとめました。

坂口杏里さんの病名は、日本で100万人くらいの人がかかっている、割とポピュラーな病気であると見られます。

義姉は坂口杏里さんが仮病ではないかとも疑っているようですが…

詳細はこの後にまとめていますので、本文へお進みください。

坂口杏里の病気(病名)は何か?

坂口杏里さんの病気の病名ですが、日本人のおよそ100万人がかかっている病気で、割とポピュラーな病名であると考えられます。

坂口杏里さんの病気について、コメントをしている人も何人かおり、下のような投稿があります▼

このツイートを坂口杏里さんの義姉がリツイートしており、賛同している様子からも信憑性の高い投稿であることが覗えます。

そして、上記ツイートの投稿者のツイートを更に確認していくと、次のような投稿が見られます。

イアン・カーティスさんとは、イギリスの歌手で「てんかん」が原因で自ら命を絶ったことで知られています。

つまり、坂口杏里さんの病気の病名は、「てんかん」であると考えられるのです。

坂口杏里の病気(病名)「てんかん」に対して仮病を疑う声も

坂口杏里さんが患っていると考えられる「てんかん」という病気は割とよく聞く病名ですが、専門家の意見では以下のような意見もあり、命に支障のある病気であることがわかります。

原因不明の突然死をきたすことが知られており、注意が必要です。英語ではこれをsudden unexpected death in epilepsyと言い、その単語の頭文字をとってSUDEPと呼ばれています。

森野クリニックより

坂口杏里さんはSNSのコメントが誹謗中傷で荒れていることが原因でたびたび「てんかん」の発作があるようで、次の発作が来たら危ない、と発言もしています。

また、直接的な病気の発作によって亡くなる以外にも、昏倒の際に打ちどころを悪くして帰らぬ人となるケースもあり、坂口杏里さんが患っていると考えられる「てんかん」は非常に危険な病気なのです。

しかし、坂口杏里さんの義姉は次のようにもコメントしており、坂口杏里さんが実際に「てんかん」という病気でどれほど苦しんでいるのかは、測りかねるところもある状況となっています…

坂口杏里さんの「てんかん」が仮病なのか本当なのかはさておき、義姉との問題は2023年も何かしらのアクションがありそうです。

【まとめ】坂口杏里の病名は何か?病気ではなく仮病を疑う声も

今回は坂口杏里さんが患っている病気の病名は何かをまとめました。

坂口杏里さんが患っている病名は「てんかん」と考えられ、日本ではおよそ100万人がかかっていると言われている、よく知られている病気です。

坂口杏里さんは次の発作で命が危ないと医者から言われている、とも発言していますが、義姉は仮病を疑っており、2023年も新たなトラブルが報じられるのは必至と言えます。

何かとお騒がせな坂口杏里さんではありますが、持病とされる「てんかん」が大事に至らないことを祈るばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です