白井一行球審を処分しない理由はなぜか|今後処罰がくだされる可能性は?

白井一行球審を処分しない理由はなぜか|今後処罰がくだされる可能性は?

2022年4月24日に行われたプロ野球の公式戦で、千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手に白井一行球審が詰め寄る場面があり、大きな問題となっています。

そこで今回は白井一行球審に対して、NPBが処分しない理由がなぜなのかを解説していきます。

審判は聖域なので処分されることはないようです…

NPBが白井一行球審を処分しない理由はなぜか

NPBの審判長・友寄正人さんは白井一行球審の行為を処分しない理由について、次のようにコメントしています。

処分になるような根拠規定はない。

デイリーより

つまり、処分しようにも処分するためのルールがないため何もできない、というのが白井一行球審を処分しない理由となります。

実は過去にも審判が大チョンボをしたにも関わらず、まったく処分されなかった事例が他にもあります。
紹介するのは白井一行球審のように選手に威圧的な態度をとったものではありませんが、ある意味白井一行球審の一件よりもあり得ない「誤審」です。

誤審は2021年のヤクルトスワローズ対中日ドラゴンズの試合で起こりました。
問題のシーンは下の動画で一部始終を見ることができます。▼

動画内で2塁塁審がアウトを宣告していればランナーがホームに突入することはなかったと思われ、試合終了を宣言したことは世紀の大誤審とも呼べる出来事となりました。
このときはヤクルトスワローズ・阪神タイガース・読売ジャイアンツが優勝争いをしている時期で、ヤクルトスワローズはこの敗戦で3位に転落するという事態にもなりました。

しかし、このような優勝を左右するような誤審があったときですら、NPBは審判に対して処分をすることなく、口頭での厳重注意のみで完結してしまいました。
ヤクルトスワローズの高津臣吾監督は大激怒したのは言うまでもありません。

今回の佐々木朗希投手に対する白井一行球審の件に関しても、誤審ではないにせよ投球内容に影響を与えたと言えます。
下の画像は対戦相手だったオリックスバッファローズの打撃成績です▼

佐々木朗希VSオリックス打線の結果画像

2回ツーアウトの状況で白井一行球審が、佐々木朗希投手にキレた事件が発生しました。
この回は見事に抑えた佐々木朗希投手でしたが、3回以降は毎回四死球を出しています。
数えてみると3回から降板した5回までの3イニングで、佐々木朗希党首は四球3・死球2の計5つの四死球をだしています。

さらに、5回の無死満塁のピンチでは佐々木投手はピッチャーゴロをホームに投げずに、セカンドへ投げるという記録に残らないミスもして、1点を献上しており、多少なりとも動揺があったことが読み取れます。

今回は佐々木朗希投手に勝ちがついたので、この程度の騒ぎで収まっているのかもしれません。
もし白井一行球審の恫喝の後に佐々木朗希投手が崩れて逆転を許していれば、プロ野球ファンからは白井一行球審への処分を望む声がもっと多くなっていたのではないでしょうか。

白井一行球審がクビになる可能性を考えていました。
白井一行球審(審判)クビの可能性を改めて検証|辞めろと批判殺到も前科あり!?【パワハラ】

白井一行球審に今後処罰がくだされる可能性は?

NPBが白井一行球審に今後処罰をくだす可能性はゼロに近いと考えられます。

審判長の友寄正人さんは次のようにコメントを発表しており、今後も処分がくだることはないと明言しています。

これから先、何らかの処分をする対象とは考えていない

デイリーより

これは白井一行球審に処分をくだすと審判に非があったと認めることになってしまうので、今後のプロ野球における審判の立場を考えると、簡単に頭を下げることはできない、ということも可能性として考えられそうです。
白井一行球審が誤審をしたのであれば処分はないにせよ、謝罪があったと考えられますが佐々木朗希投手の場合はそのようなこともありません。

また、世論に流されて白井一行球審を処分すると佐々木朗希投手が特別だと言っているようなものなので、そのような事態も避けたかったのかもしれません。

また、NPBは文部科学省所管の組織ですので、白井一行球審に処分をくだすルールを設ける場合には、色々とお伺いをしなくてはならない可能性もあります。

このようなことを踏まえると、今後も白井一行球審に何らかの処分がくだる可能性は極めて低いと言うことができます。

【まとめ】白井一行球審を処分しない理由はなぜか|今後処罰がくだされる可能性は?

今回は白井一行球審を処分しない理由と、今後処分がくだされる可能性について解説しました。

白井一行球審を処分しない理由は、処分するためのルールがないためで、過去大誤審をした審判も口頭注意だけで済んでいるという事例があります。

また、白井一行球審が処分されることで審判の立場が弱くなる可能性も考えられるため、今後もお咎めなしはほぼ間違いありません。

審判が目立ってしまうと、選手のパフォーマンスに悪影響が出るおそれもありますので、審判は目立たずにしっかりと仕事をしていただきたいと思います。