園子温監督と神楽坂恵が離婚する可能性2022!仕事と子供で逃げられない!?

園子温監督と神楽坂恵が離婚する可能性2022!仕事と子供で逃げられない!?

2022年4月に報道された、園子温監督の性暴力疑惑が大きな話題となっています。

園子温監督の今後の活動への影響もそうですが、嫁(妻)の神楽坂恵さんとどうなるのかも世間の関心を引いています。

そこで今回は園子温監督が神楽坂さんと離婚する可能性はあるのか、について解説していきます。

園子音監督に性暴力疑惑で嫁(妻)・神楽坂恵と離婚危機も

同じ映画監督の榊英雄監督や俳優の木下ほうかさんと同様に、園子温監督にも性暴力疑惑が報じられました。

報道によると、園子温監督は自身が監督を務めた主演女優ほとんどに手を出した、と園子温監督本人の発言があったという内容があり、これが本当だとすると最も質の悪そうです。

このニュースが報じられたことで嫁(妻)である神楽坂恵さんはまさに青天の霹靂だったに違いありませんが、園子温監督との離婚の可能性はあるのかを検証していきます。

園子温監督と嫁(妻)・神楽坂恵が離婚する可能性(2022)を仕事と子供から検証

園子温監督と嫁(妻)である神楽坂恵さんが離婚する可能性は低いと考えられます。

その理由を仕事と子供から検証していきます。

園子温と神楽坂恵の離婚の可能性が低い理由:仕事

園子温監督と神楽坂恵さんの離婚の可能性が低い理由としては、神楽坂恵さんの仕事が挙げられます。

神楽坂恵さんの2022年4月時点の主な仕事は、園子温さんの映画の制作会社「株式会社シオンプロダクション」の社長をしています。
つまり、神楽坂恵さんは園子温さんのマネジメントを仕事にしており、運命共同体のような関係にあります。

神楽坂恵さんはもともと女優でしたが、2018年の「クソ野郎と美しき世界」を最後に表舞台から遠ざかっています。
なので、神楽坂恵さんが女優として復帰するにしても、ブランクがあることを踏まえると離婚は躊躇してしまうのではないでしょうか。

しかしその一方で、園子温さんの性暴力に関する報道が本当だった場合、園子温さんは映画監督としてはやっていけなくなる可能性があります。
実際、2022年4月時点では「株式会社シオンプロダクション」のホームページが閉鎖状態になっています。

神楽坂恵が社長の園子温マネジメント会社が閉鎖状態になっている

しかし、園子温さんにはこれまでヒットさせてきた映画による貯蓄が多くあるはずなので、これから生活していく上では離婚に踏み切るのはかなりリスキーであり、可能性としては低いと考えられます。

園子温と神楽坂恵の離婚の可能性が低い理由:子供

また、園子温監督と神楽坂恵さんの間には2022年4月時点で3歳の小さな子供がいることも、神楽坂恵さんの離婚を躊躇する理由になると考えられます。

園子温監督の不祥事が本当であれば、神楽坂恵さんが親権を持つのは自然な流れです。

神楽坂恵さんが離婚して1人で生活していくのであれば、思い切って離婚する選択肢もありそうですが、子供を路頭に迷わせるわけにはいきません
先ほど紹介したように、離婚後の子供とともに生きていくための生活費をどうするのかを考えると、神楽坂恵さんが離婚に踏み切る可能性はさらに低くなると考えられます。

 

同じように不祥事を起こした榊英雄監督や木下ほうかさんと、園子温監督の関係が気になりませんか?
コチラの記事で3人の関係がよくわかるようにまとめましたので、ぜひご覧ください!

【まとめ】園子温監督と神楽坂恵が離婚する可能性2022!仕事と子供から考察すると難しい!?

今回は園子温監督と神楽坂恵さんが離婚する可能性を2022年バージョンとして解説してきました。

神楽坂恵さんは、2022年4月時点では園子温監督のマネジメントを生業としている以上、離婚して仕事を探すのはかなりリスキーと言えます。

さらに、園子温監督と神楽坂恵さんの間には小さな子供がいますので、そのことも離婚を躊躇させる理由になるはずです。

神楽坂恵さんにとっては、園子温監督に関する報道は降って湧いたような話であり、現在事実関係を精査中とのことなので、今後の進展次第で神楽坂恵さんがどのような行動をとるのか注目されそうです。