0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

【葬礼の案内人】5話ネタバレ!最終回(ラスト)の結末は?漫画のオチを解説

2021年6月、マンガアプリ「めちゃコミック」に掲載されている「葬礼の案内人」が話題になっています。

4話で祖母のアドバイスで目が覚めた導人。

導人は、3話に登場した自ら命を絶った息子のことが整理できていない父親・近藤に寄り添うことに決めます。

果たして導人のサポートで近藤から「絆の星」が生まれるのかが気になりますよね!

しかし、「葬礼の案内人」の最終話である5話を読むためには課金が必要です。

そこで、今回は「葬礼の案内人」のラストがどうなるのか、オチを解説していきます。

漫画「葬礼の案内人」5話のネタバレ!最終回(ラスト)の結末はどうなる?オチを解説

まず、「葬礼の案内人」の5話では次のことがわかります。

5話の内容
  • 近藤にまつわる出来事
  • 近藤から絆の星が生まれる

それでは、詳しくネタバレをしていきます。

近藤にまつわる出来事

導人は近藤が息子・詠心の死を整理できるまでサポートをすると決めてから、年に1、2回手紙のやりとりをしていました。

近藤は転職して、いじめに関するボランティア活動をしているようです。恐らく詠心がいじめをしていた子への罪滅ぼしだと思います。

導人が手紙を読んでみると、近藤は最近、被害者の少年と対面する機会があったことが書かれていました。

しかし、近藤は被害者を前にして何と謝罪をしたらいいのかわかりません。

そんな近藤に被害者の少年は、詠進のしたことは今も許せないと切り出します。

そして、近藤にはこれからもいじめにあった人のためのボランティア活動を続けて欲しいと頼みます。

近藤には、被害者が自分を傷つけないように言葉を選んでくれているように思えたのでした。

その言葉を受けた近藤も、詠進のしたことも自ら命を絶ったことも許せないと感じます。

近藤は被害者に会うことによって、これから自分がすべきことを見つけることができたと綴ります。

詠進の代わりに償いを続けることが自分の使命で、それがわかったことで近藤も詠進の死に対して整理がついたようです。

近藤から絆の星が生まれる

そして、読み終えた手紙から絆の星が飛び出しました。

近藤が詠進の代わりに償うと決めたことによって、詠心と近藤の間に絆ができ、星が生れたのです。

その星は弱々しいですが、確かに「お届けさま」の元に飛んでいきます。

これでようやく詠心も「お届けさま」の元に行けるはずです。

(完)

「葬礼の案内人」3話のネタバレからおさらいしたい人はコチラをどうぞ!

「葬礼の案内人」4話のネタバレはコチラです!

「葬礼の案内人」を無料で読めるのかも調査してみました!

「葬礼の案内人」を読んだ人の感想

それでは最後に「葬礼の案内人」を読んだ人の感想を紹介していきます。

漫画アプリ「めちゃコミック」の口コミには、

  • 遺族が納得できれば正解
  • 2話目の自死には考えさせられた
  • 設定がありきたりのように感じた

といった感想がありました。

感想①

故人の想いも色々で、それを遺族に伝える事は正しいのか間違いなのかとても悩む事だと思います。
良い思い出ならば良いけれど、そればかりではないはず。
どちらにしても、それで遺族が納得できればそれはそれで正解だと信じるしかないですね。

感想②

すべての想いは必要なのかなって思いました。
遺された者が前を向いていける想いが感じられればいいけれど、
傷を深くしていく想いを見てしまったら?
2話目の自死について考えてしまいました。

感想③

死をテーマにしたり死後の世界を扱うものは多くて設定が
ありきたりなので話や構成で魅せないと地味に感じてしまう
そういう意味で、これは今イチだった

面白いマンガを読みたい人必見!無料で読む方法を紹介します!

今回、マンガのネタバレをしてきましたが、あなたは「他にも面白いマンガが読みたいな~」と日頃から思っていませんか?

今回紹介する方法を使えば、こんなにいいことがあります。

  • 人気マンガの最新巻をタダで楽しめる!
  • 短編マンガをタダで全話楽しめる!
  • どこでも・いつでもマンガを楽しめる!

興味がある方はぜひこちらの記事を読んでみてくださいね!

まとめ

今回は漫画アプリ「めちゃコミック」に掲載されている「葬礼の案内人」の最終話・5話のネタバレ解説をしました。

詠心の代わりに償っていく決意をした近藤と詠心の間に絆ができ、ようやく絆の星が生れましたね!

導人は時間をかけて近藤に寄り添い、案内人としてステップアップができたのではないでしょうか。

もし自分が亡くなった後、一番近い人に記憶を見せることができるとしたら、何を見せるのか悩んでしましますよね。

「葬礼の案内人」はそんな妄想も膨らませてくれるとても良い作品でした。

長編連載でも見てみたい漫画なので、これから続編が出ることを期待します!