0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

【大相撲】毎日テレビに映る女性は誰?溜席に正座で観戦する美女の正体は?

2021年5月、大阪で行われている大相撲ですが、ネット上では連日、「溜席(砂かぶり席)で毎日観戦している女性がテレビに映っている」と話題になっています。

2・3日ならまだしも、毎日テレビに映るというのはとても気になりますよね!

しかもなんとこの女性、2020年の11月場所にも15日間毎日来ていたそうで、ワンピース姿で常に正座で観戦するその凛とした姿から、「溜席の妖精(たまりせきのようせい)」と呼ばれるようになりました。

そこで今回は大相撲のテレビ中継に毎日映っている女性が誰なのか、その正体がついに判明したので、これまで「溜席の妖精」候補になった芸能人の紹介と合わせてお伝えしていきます!

大相撲初場所で毎日テレビに映る女性は誰だったのか

大相撲初場所で、毎日テレビに映っていると話題になっていたのは、下の画像の女性です。

確かに、「溜席の妖精」にピッタリの雰囲気ですよね!

これまでこの女性の正体を巡って様々な憶測が飛び交いましたが、2021年1月24日にNEWSポストセブンが報じて真相が明らかになりました。

結論を言ってしまうと、一般の方でした。

相撲協会への取材によると、

二所ノ関一門のある親方がお世話になったタニマチのお嬢さんだと聞いています

とのことです。

タニマチとは

簡単に言うと「スポンサー」のようなものです。

私生活の金銭的援助や場所中のチケットの大量購入によって力士や部屋を支える人を、相撲界の隠語で「タニマチ」と言います。

つまり、一般人と言ってもかなりのお金持ちなのは間違いないようですね!

毎日テレビに映っていた女性の正体がわかってこの騒動も終焉を迎えそうですが、これまでどんな人が「溜席の妖精」候補に挙がってきたか興味ありませんか?

そこで次は、相撲ファンの間で「この人が溜席の妖精ではないか?!」と話題になっていた女性芸能人を紹介していきます。

溜席(砂かぶり席)に正座で観戦する美女の正体として名前が挙がった芸能人

毎日テレビに映り込んでいた「溜席の妖精」ですが、マスクではっきりと顔がわからなかったので、相撲ファンの間でその正体について意見が分かれていたんです。

そこでここでは、候補に挙げられることが多かった女性芸能人を2人紹介します。

「溜席の妖精」候補① 山根千佳さん

溜席の妖精の第1候補だったのはホリプロ所属のタレント、山根千佳さんです。

山根千佳さんは、家族が相撲好きだったことから、ご自身も大の相撲ファンとして知られています。

小学校の頃は、相撲好きの友達がいなくて話が合わなかったというエピソードもあるようです。

それではここで、「溜席の妖精」について山根千佳さんの名前が挙がったツイートをいくつか紹介します。

目元が似ているような気もするので、山根千佳さんだと思うのはムリもないかもしれませんね。大相撲観戦が趣味というのも山根千佳さんの名前が挙がる要因になっていたと思います。

一方で反対派の人たちは、2人のスマホを比較したりインスタの投稿から矛盾点を探したりと、説得力がありますよね!

「溜席の妖精」候補② ともこさん

溜席の妖精の第2候補だったのは、研ナオコさんプロデュースの事務所「ケンズファミリー」所属のともこさんです。

ともこさんは、研ナオコさんと相撲観戦に訪れているのをたびたび目撃されて話題になっていました。

そこで、ともこさんが「溜席の妖精」ではないかと噂になったことがあります。

しかし、ともこさんが「溜席の妖精」である可能性はすぐに消滅してしまいます。

なぜなら、「溜席の妖精」は2020年の11月にもテレビに映っていますが、ともこさんはそのとき入院していたからです。

結局山根千佳さんも、ともこさんも「溜席の妖精」ではなかったのですが、本人たちは噂されていたのを知っているのか気になりますが・・・

お2人とも相撲ファンの間で知名度がかなり上がったのは間違いなさそうですね!

「溜席の妖精」の正体がわかった後のTwitterの声

「溜席の妖精」の正体が判明したところで、Twitterではどんな反応があったんでしょうか。

まとめると、

  •  スッキリした!
  • 今日も見れて安心!
  • そっとしておいてほしい
  •  ニュースで「溜席の妖精」の存在を知った
  •  やっぱりお金持ちだった

といった声がありました。

まとめ

今回は、大相撲中継に毎日映り込んでいた謎の女性、「溜席の妖精」の正体が判明したことをお伝えしてきました。

その正体は一般の方だったということで、私達は騒ぎ立てずそっと見守るのがよいのではないでしょうか。

しかし、ここまで注目されてしまうと、今後彼女がテレビに映らなくなったときにさらなる話題を呼びそうですよね。