0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

【福原愛(愛ちゃん)】子供の親権・国籍はどうなるの?夫・江宏傑とはモラハラ・不倫で離婚危機

元卓球選手の福原愛さん(愛ちゃん)が、夫の江宏傑(こうこうけつ)さんと離婚危機にあると報道され話題になっています。

離婚危機にある原因は当初夫のモラハラにあるとされていましたが、後に妻の福原愛さん(愛ちゃん)の不倫報道が流れて、もはや泥沼化しています。

結婚当初はあんなに仲が良かった2人だったのに、こんなことになるなんて驚きですよね!

福原愛さん(愛ちゃん)と江宏傑さんの間には2人の子供がいますが、もしこのまま離婚してしまったら、子供の親権はどちらが持つことになるのでしょうか?

そこで、今回はこの疑問について解説をしていきたいと思います。

福原愛(愛ちゃん)が離婚すると子供の親権はどうなるの?

福原愛さん(愛ちゃん)は現在台湾に住んでいるので、台湾の法律が適用されます。

台湾の法律では両親が離婚した場合、共同親権となる可能性が高いようです。

つまり、福原愛さん(愛ちゃん)にも夫の江宏傑さんにも親権があるということですね。

台湾の法律に詳しい弁護士によると、離婚後の親権は次のように扱うのが普通だそうです。

夫婦の離婚後の子供の親権については、民法第1055条の規定により、離婚後の一方が親権者となることも、双方が共同で親権者となることもできるとされていて、実務上は後者の方が多いです。

引用元:Y’s CONSULTING GROPE

離婚の原因がどちらかにある場合は、父母どちらか一方に親権が渡ることもありそうです。

しかし、今回は福原愛さん(愛ちゃん)には不倫報道、江宏傑さんにはモラハラ疑惑があるので、どちらが悪いとは言い難いのが現状ですよね。

この先どのような結末を迎えるのかわかりませんが、子供に辛い思いをさせないようにしてほしいと思います。

福原愛さん(愛ちゃん)は2021年1月に「株式会社 omusubi」を立ち上げましたが、これも江宏傑さんからのモラハラを受けて日本で自力で生きていくための準備だったのかもしれません。

福原愛さん(愛ちゃん)の会社の事業内容は今まで関わってきた人たちへの感謝を込めたものになっているんです。

こちらの記事で詳しく解説をしているので、ぜひご覧ください!

福原愛(愛ちゃん)の子供の国籍はどうなるの?

福原愛さん(愛ちゃん)には、「あいらちゃん(2017年10月13日生まれ)」「こうくん(2019年4月3日生まれ)」の2人の子供がいますが、離婚した場合、国籍はどうなるのでしょうか。

恐らく、日本国籍と中華民国国籍のどちらも持つ、二重国籍状態になっていると思いますので、離婚後もその状態が続きます。

日本・台湾の法律では、親の国籍が子供の国籍になるので、二重国籍状態になっているんですね。

ちなみに、日本では22歳までに国籍を選択する必要があります。

もし子供が日本国籍を選んだ場合は、

国によっては、日本の国籍を選択することで、自動的にもう一方の外国籍を喪失する場合がありますが、台湾についてはその心配はありません。

引用元:医龍問題を考える会

ということなので、二重国籍状態が継続する可能性があります。

そういえば、2016年に蓮舫さんが二重国籍問題で話題になっていましたが、このような理由があったんですね。

不倫疑惑の福原愛(愛ちゃん)と夫・江宏傑のモラハラによる離婚危機に対する世間の反応は?

では、ここで子供の親権について考えることになったきっかけ、福原愛(愛ちゃん)と江宏傑さんの離婚危機について、世間の反応を見てみたいと思います。

Twitterの投稿をまとめると、

  • 外国で生活をしている妻を旦那が守るべきだった
  • 子供を台湾に置いて日本で遊ぶ神経がわからない
  • モラハラは辛いかもしれないけれど不倫はダメ

といった声が多かったです。

少し福原愛さん(愛ちゃん)を非難する意見が多数を占めていた感がありました。

まとめ

今回は、福原愛さん(愛ちゃん)と江宏傑さんが離婚した場合の子供の親権について解説をしました。

まとめると、

  • 共同親権になる可能性が高い
  • 子供の国籍は二重国籍状態である可能性が高い

ということがわかりましたね。

この泥沼化している今回の事件ですが、どのような収束を見せるのか注目ですね。

福原愛さん(あいちゃん)は2021年1月に「株式会社 omusubi」を立ち上げましたが、これは離婚を見据えてのものかもしれませんね。

福原愛さん(愛ちゃん)の会社の事業内容は今まで関わってきた人たちへの感謝を込めたものになっているんです。

その辺はこちらの記事で詳しく解説をしているので、ぜひご覧ください!