0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

【岡田繁幸】死因となった病気・病名は何?マイネル軍団の総帥の死去を惜しむ声

2021年3月19日に、「マイネル軍団の総帥」として競馬ファンから愛されてきた岡田繁幸(おかだしげゆき)さんが71歳で死亡したと訃報が報道され、話題になっています。

岡田繁幸さんといえば「相馬眼の天才」と言われるほど目利きが鋭く、競馬解説も面白い方でしたよね。

今回岡田繁幸さんの死因は発表されていないのですが、病名について気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は岡田繁幸さんがかかっていった病気について解説をしていきます。

岡田繁幸の死因となった病気の病名は何?

岡田繁幸さんの死因となった病名は、潰瘍性大腸炎大腸がんが考えられます。

報道によるとここ数年の岡田繁幸さんは、次の症状があったようです。

近年は腸の具合が悪く原因不明の下痢の症状などに悩まされていた

引用元:日刊スポーツ

潰瘍性大腸炎や大腸がんは慢性的な下痢を伴い、発見が遅れれば死亡の原因にもなりうる病気です。

特に潰瘍性大腸炎は前総理大臣の安倍晋三さんも患っている病気として聞いたことがあるのではないでしょうか。

この病気のために、安倍晋三さんは総理大臣を2回辞職することになったのは有名な話ですよね。

ただし、これらの重い病気なら恐らく岡田繁幸さんもすでに病名がわかっているはずですし、「原因不明」とはならないと思います。

ひょっとしたら世間に公表したくない事情があったのかもしれませんね。

「マイネル軍団の総帥」岡田繁幸の死去を惜しむ声が多数 世間の反応

「マイネル軍団の総帥」の愛称で親しまれた岡田繁幸さんの死を世間はどのように受け止めているのでしょうか。

やはり競馬ファンの間ではかなりの衝撃だったようで、Twitterの声を見てみると

  • 訃報が残念過ぎる
  • すごい人が旅立ってしまった
  • 訃報が辛くて何も手につかない

といった感想がありました。

まとめ

今回は「マイネル軍団の総帥」として競馬ファンから愛されてきた岡田繁幸さんの訃報について、死因となった病名について解説をしてきました。

死因が公表されていないので確実なことは言えませんが、慢性的な下痢に悩まされていたのでそれが死亡の原因になった可能性はあるのではないでしょうか。

世間の反応を見ても悲しみに溢れており、競馬界のレジェンドを亡くした悲しみはしばらく続きそうです。