0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

【古賀稔彦】若い頃の逸話や伝説が知りたい!名言も紹介します

2021年3月24日に「平成の三四郎」の愛称でお馴染みの柔道元金メダリストの古賀稔彦(こがとしひこ)さんが亡くなり話題になっています。

53歳での若さでの訃報は本当に驚きましたよね!

今回は古賀稔彦の昔の逸話や伝説などを紹介していきたいと思います。

その中で生まれた名言もありますよ!

古賀稔彦の若い頃の逸話や伝説

バルセロナオリンピックの金メダル

古賀稔彦さんの最も伝説になっている話といえば、1992年のバルセロナオリンピックの金メダルではないでしょうか。

というのも、古賀稔彦さんは大会直前の練習で左ひざ靭帯を痛めてしまい、とても試合に出れる状態ではなかったからです。

しかし、古賀稔彦さんはケガをしても、「準備は整った」と前向きになっていたそうです。

古賀稔彦さんは

あのまま単に勝っても普通の金メダル。ケガをして試練を乗り越えてチャンピオンになるのが僕なんです

引用元:東スポWEB

と逆境を跳ねのけ、見事優勝してチャンピオンになったのでした。

古賀稔彦vs小川直也

続いては古賀稔彦さんと小川直也さんの1戦です。

1990年に開催された全日本柔道選手権大会の無差別級に、古賀稔彦さんは周りの制止を振り切って出場します。

古賀稔彦さんは75kgと軽量なのですぐに負けると思われていましたが、予想に反して二回戦から準決勝の4試合をすべて100kg超えの選手を相手に勝ちを収め、ついに決勝戦に。

決勝の相手は当時最重量級の世界チャンピオンの小川直也さんでした。そして、6分間にわたる死闘の末に勝ったのは小川直也さん。

小川直也さんは後日、古賀稔彦さんのことを「あんなに強い軽量級はもう出てこない」と評しています。

ちなみに当時の古賀稔彦VS小川直也の試合はコチラの動画でご覧になれます。

古賀稔彦の名言

古賀稔彦名言①

僕は心技体の一個一個が100%じゃなくて、3つで100という考え方を持っています。

これは、アトランタオリンピックで腰の怪我の影響で、得意の一本背負いができない状態ながらも決勝まで勝ち進んだときの言葉です。

つまり、体と技が怪我で10ずつしかないとしたら、残りの80を気力でカバーするということです。

古賀稔彦さんはアトランタオリンピックの4年前のバルセロナオリンピックでも、左ひざの靭帯を損傷しながらも金メダルを獲得していますが、その頃から心技体を合わせて100にするという考え方で試合に挑んでいたんですね。

古賀稔彦名言②

気力がなくなって、素の自分・・・体力もない、技もない、ただ柔道着を着ただけの自分がそこにいた。

この言葉は名言①と同じアトランタオリンピックの決勝戦で敗れたときの言葉です。

アトランタオリンピックの決勝戦は序盤古賀稔彦さんが優勢に試合を進めていたため「楽勝だな」と思ってしまったそうです。

その気の緩みから相手に逆転を許し、古賀稔彦さんは銀メダルに終わってしまいました。

決勝戦までは心技体が100あったのに、決勝戦ではそのような状態を保つことができなかったのが悔しくて出た言葉ですね。

その他にも、

古賀稔彦名言③

練習で限界を超えた自分を知っておかなければ、本番では勝てない。

古賀稔彦名言④

一生懸命やっていれば、最悪の結果が出たとしても、支えてくれる人がいる。

といったように、古賀稔彦さんが努力の人だったとわかる名言もたくさんありますね。

まとめ

今回は古賀稔彦さんの若い頃の逸話や伝説の試合・名言などを紹介してきました。

まだ50代と若くして亡くなった古賀稔彦さんを惜しむ声はまだまだ収まりそうにありませんね。