0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

雨柳とはどんな意味?阪神・青柳投手の雨率は?晴柳さんのタオルも販売!

2021年、プロ野球ファンの間で「雨柳さん(あめやぎさん)」という言葉が流行っています。

雨柳さんは阪神タイガースの雨男のことを指していますが、本当にそこまで雨が降るのか気になりますよね!

そこで今回は雨柳さんについて解説をしていきます。

「雨柳」とはどんな意味?

「雨柳さん」は、プロ野球・阪神タイガースの青柳晃洋(あおやぎこうよう)投手の異名です。

雨柳さんの由来は、青柳投手の登板日に高い確率で雨が降ることから、チームメイトが「雨柳さん」と呼ぶようになったそうです。

青柳投手の雨男ぶりの2020年7月を例にとって紹介します。

雨柳の紹介(2020年7月)

  • 7月7日:青柳投手登板予定の巨人戦が雨天中止
  • 7月8日:スライドで青柳投手が登板予定だったが、またしても雨天中止
  • 7月10日:DeNA戦で土砂降りの中先発。5回で雨天コールドとなり見事勝ち投手に
  • 7月27日:「雨柳さん」タオルが販売決定
  • 7月31日:DeNA戦に登板。大雨が降り、57分遅れで試合開始。

7月は梅雨の時期とはいえ、ちょっと多すぎですよね(笑)

しかし、球団もちゃっかりしており「雨柳さんタオル」まで販売しています。

ちなみに、前年の2019年も雨柳さんは健在で、登板予定の日が3回も雨で中止になっています。

そんな「雨柳さん」こと青柳投手の雨率はどれくらいなのでしょうか。

「雨柳さん」こと阪神・青柳投手の雨率(2020)は?

2020年の青柳投手の登板日が雨になる確率は52%でした。

具体的には青柳投手は2020年に21試合登板して、その内11試合が雨の日に登板しています。

もちろん試合前に雨が上がったり、ドーム球場で天候が関係ない試合もあるのですが、それでも2回に1回のペースで雨が降るのは「持ってる」としか言いようがありませんね。

なお、青柳投手の雨率を実際に調べたデータが次のようになります。

日付対戦チーム場所天気
6月23日ヤクルト東京
6月30日中日名古屋
7月10日DeNA甲子園
7月17日中日甲子園
7月24日中日名古屋
7月31日DeNA甲子園
8月7日広島広島
8月12日DeNA横浜
8月20日巨人東京
8月27日中日甲子園
9月3日ヤクルト甲子園
9月9日DeNA横浜
9月16日巨人東京
9月23日DeNA甲子園
9月30日中日甲子園
10月6日広島広島
10月14日中日名古屋
10月21日広島甲子園
10月27日中日甲子園
11月3日ヤクルト甲子園
11月10日巨人甲子園

これで「雨柳さん」はデータでも証明されたことになりますね(笑)

雨柳さんのタオルが販売!「晴柳」さんのタオルも!

そんな雨柳さんですが、先ほども触れたとおり、2020年7月からグッズ(タオル)が販売されています。

実は青柳投手本人が「ぜひ作ってください」という要望して実現したそうです。

もう青柳投手も「雨柳さん」をネタにしてしまってノリノリですね(笑)

ちなみに、初お披露目となった2020年7月31日は青柳投手の登板日でしたが、なんと試合開始前の午後5時半から大雨が振ってしまいました。

試合は50分以上も遅れ、おかげで売店で用意されていた「雨柳さんタオル」はすべて売り切れてしまった、なんて逸話もあります。

ちなみに、「雨柳さんタオル」に味を占めたのか、「晴柳さんタオル」もあります。

果たして青柳投手が「晴れ男」と呼ばれる日はくるのでしょうか。

まとめ

今回は、「雨柳さん」について解説をしました。

「雨柳さん」はプロ野球・阪神タイガースの青柳投手の異名で、2020年は役50%の確率で登板日が雨になる、本当の雨男でした。

2021年も雨の日の登板が多い青柳投手、ぜひいつの日か「晴柳さん」になってほしいと思います。