0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

【東京オリンピック閉会式】手話通訳は誰?Eテレに映る塩顔イケメンが邪魔の声も

2021年8月8日、ついに東京オリンピックが閉会となりました。

閉会式を見ているとなんだか寂しい気持ちになりますよね。

そんな中、Eテレで東京オリンピックの閉会式の模様を手話で同時通訳が行われていますが、通訳者の方が塩顔イケメンだと話題になっています。

一体彼は何者なのでしょうか?

今回は、東京オリンピックの閉会式の手話通訳者が誰なのか解説をしていきます。

【東京オリンピック閉会式】手話通訳は誰?

Eテレで東京オリンピック閉会式の同時通訳をしているのは、寺澤英弥(てらさわひでや)さんです。

東京オリンピック閉会式で通訳を務める寺澤英弥を紹介

東京オリンピックの閉会式の手話による同時通訳は3名いますが、今回紹介するのは寺澤英弥さんです。

寺澤英弥さんはかなりのイケメンですよね。

次に寺澤英弥さんがどのような活動をされているのかを紹介していきます。

寺澤英弥はどんな人?

寺澤英弥さんは長野県出身で、NPO法人手話教師センターに所属する手話講師です。

また、(株)アウトソーシングビジネスサービスという会社で手話通訳士のお仕事もされています。

寺澤英弥さんはEテレで放送している「みんなの手話」にも出演しており、V6の三宅健さんとも共演をしています。

長野県出身ですが、阿波おどりをされているようで結構アクティブな方なのかもしれませんね。

手話スクールのYouTubeチャンネル「手話寺小屋」では、手話でジョークをする動画がありました。

紹介した動画では手話がわからなければどんなジョークなのかわからないのですが、寺澤英弥さんは耳が不自由な方にも笑いを届ける活動をされています。

世間の反応|Eテレ閉会式に映る塩顔イケメンの寺澤英弥が邪魔の声も

それでは、東京オリンピック閉会式の手話通訳について、世間の反応を見てましょう。

Twitterでは、

  • 好みで手話通訳を消せればいいのに
  • 通訳じゃなくて字幕にすればいいのに
  • 四角のワイプでやってほしい

といった感想がありました。

個人的にはNHK総合では手話がないので、手話の同時通訳が邪魔と感じる人はそちらで見ればいいのではないかと思います。

Eテレの東京オリンピック閉会式の中継は、あくまでも耳が不自由な方のため、と割り切るとイライラせずにすむのではないでしょうか。

また、表情豊かで見入ってしまうという感想もありました。

実は手話通訳は

県聴覚障害者連盟によると、手話は手の動きだけではなく、口の動きや表情も大切な要素になる。

引用元:読売新聞オンライン

ということなので、表情豊かな表現は耳が不自由な方にとっては、情報を得るために必要なことのようですね。

まとめ

今回は、東京オリンピック閉会式の手話の同時通訳をしている塩顔イケメンは誰かを解説しました。

その正体は、寺澤英弥さんという手話通訳士で、Eテレの「みんなの手話」にも出演されている方でした。

TwitterではEテレの東京オリンピック閉会式の邪魔になっているという感想もありましたが、そのように感じる人は心を広く持って、NHK総合で楽しむようにしましょう!