0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

【日本航空】エドポロ・ケインの経歴は?両親の国籍や中学時代を紹介

2021年8月10日に開幕した甲子園大会。

夏の甲子園大会は2年ぶりの開催ですが、ようやく夏が来た感じがしますよね!

そんな甲子園大会の1日目の第3試合に登場する山梨県代表・日本航空高校の3年生・エドポロ・ケイン選手が外国人のような名前ということもあり、試合前から話題になっています。

そんな注目のエドポロ・ケイン選手の経歴についてまとめましたので、ぜひご覧ください!

【日本航空】エドポロ・ケインの経歴は?どんな選手なの?wiki風プロフィール

ここではエドポロ・ケイン選手の経歴について解説をしていきます。

エドポロ・ケインのwiki風プロフィール

エドポロ・ケインのプロフィール

  • 名前:エドポロ・ケイン
  • 生年月日:2003年度
  • 出身地:大阪府大阪市
  • 出身リトルリーグ:南大阪ベースボールクラブ(6期生)

エドポロ・ケイン選手は2021年春の関東大会で、4打数3安打3打点と大活躍。

センバツ王者を破る立役者となりました。

そんなエドポロ・ケイン選手はどんな経歴の持ち主なのでしょうか。

エドポロ・ケインはどんな選手?

エドポロ・ケイン選手は南大阪ベースボールクラブ出身で、一番最初に声をかけてくれた日本航空高校に進学を決めました。

中学時代から長打力に自信があったエドポロ・ケイン選手でしたが、入学当初は日本航空高校の先輩の打撃に、上には上がいると感じたそうです。

しかし、そんなエドポロ・ケイン選手の打撃に変化があったのは2020年の練習試合です。

今まで詰まることに恐れていたんですけど、ある日、詰まって本塁打を打ったことがあったので、詰まってもいいんだ思うようになってから、よりボールをひきつけて打てるようになりました

引用元:高校野球ドットコム

とエドポロ・ケイン選手は話しています。

エドポロ・ケイン選手は野球に対して研究熱心に取り組む選手です。

例えば、日本航空高校の豊泉関東は、

昨年の自粛期間は選手とはLINEでやり取りをさせていただいたのですが、エドポロが打撃について課題、こうしたいという内容がかなりの長文で送られてきたんですよね。見所があるなと実感しました

引用元:高校野球ドットコム

と、エドポロ・ケイン選手に驚かされたエピソードを語っています。

さらに、野球で柏日体、日体大で活躍したジョセフとキングの2人のお兄さんからもバッティングについてアドバイスをもらってたエドポロ・ケイン選手。

素直にアドバイスを聞き入れ、さらに自分で考えてバッティングを高めていったエドポロ・ケイン選手が甲子園でどのような活躍を見せるのか楽しみですよね!

エドポロ・ケインはどこのハーフ?両親の国籍は?

エドポロ・ケイン選手はナイジェリア人の父親と、韓国人の母親を持つハーフです。

つまり、エドポロ・ケイン選手には日本人の血は一切流れていないんですね!

しかし、大阪出身のエドポロ・ケイン選手は日本語、しかもコテコテの大阪弁を話すんです。

エドポロ・ケイン選手のインタビュー動画があるので、彼の大阪弁を聞いてみたい方はぜひ見てみてください。

エドポロ・ケインの幼少期や中学校時代は?

エドポロ・ケイン選手は幼稚園の頃から大阪で野球を始めています。

先ほど少し触れたお兄さん2人の影響があったのではないでしょうか。

そしてエドポロ・ケイン選手は、中学校時代に南大阪ベースボールクラブでプレー

南大阪ベースボールクラブでは、後に大阪桐蔭や関東一高といった野球の名門校に進学する選手もおり、かなりレベルの高い環境でプレーをしていました。

南大阪ベースボールクラブの指導方針を見ると、

目先の試合や大会などにおいて結果に重きをおきません。

(中略)

技術指導だけではなく、心の部分の向上についてのアプローチも重要視しています。

引用元:南大阪ベースボールクラブHP

とありました。

エドポロ・ケイン選手が日本航空高校に行ってレベルの高さを味わっても高みを目指せたのは、南大阪ベースボールクラブで身に着けた精神力のお陰なのかもしれませんね。

まとめ

今回は、山梨県代表・日本航空高校のエドポロ・ケイン選手の経歴について解説をしました。

エドポロ・ケイン選手の目標はドラフトで指名されてプロ野球選手になることです。

実戦練習以外は木製バットを使い、将来を見据えるエドポロ・ケイン選手の甲子園での活躍がとても楽しみです!