寺脇康文が相棒を降板した理由はなぜか?【辞めたのは水谷豊の親心か】

2022年10月から始まる「相棒21」で、初代相棒の亀山薫役を演じた寺脇康文さんが復帰することが決まりました。

そこで改めて注目されている寺脇康文さんがなぜ相棒を降板するに至ったのか、その理由をまとめました。

調査すると寺脇康文さんが相棒を辞めたのは、水谷豊さんの親心も関係している事実が炙り出されました

寺脇康文が初代相棒を降板した理由は不仲が原因ではない!

寺脇康文さんが初代相棒を降板した理由として、よく水谷豊さんとの不仲説が挙げられますが、それはないと考えられます。

その理由としては、もしも寺脇康文さんと水谷豊さんの間に確執があるとすれば、2022年10月から始まる相棒21で2人が共演することはあり得ません

寺脇康文さんの相棒降板理由が水谷豊さんとの不仲だと思われているのは、週刊誌で2人に確執があると報道がされたからだと思われます。

降板は、寺脇さんの方から言い出したそうです。これ以上、憧れの水谷さんとの関係を悪化させたくない。今が引き際と思ったんでしょう

NEWSポストセブンより

確かに水谷豊さんと寺脇康文さんの打ち合わせが白熱することはあったのかもしれませんが、このNEWSポストセブンの記事は亀山薫さんが卒業してから4年後に書かれたものです。
したがって、NEWSポストセブが当事者に取材をしたとしても、記憶が曖昧な中でやや盛られた証言があったとしても不思議ではありません。

実際に2022年6月の報道では、水谷豊さんと寺脇康文さんの不仲説は”デマ”だったという情報も流れています。

演技にこだわりのあるタイプの寺脇さんが現場でいろいろ口出しすることを水谷さんが嫌がったなどと言われていましたが、そんなことは全くなかったです。

東スポWEBより

なお、NEWSポストセブンの記事では2012年10月に行われた伊丹刑事役の川原和久さんの結婚式に、寺脇康文さんが呼ばれていないことを指摘して、水谷豊さんと寺脇康文さんの不仲説を展開しています。

その頃寺脇康文さんが何をしていたのかを調査すると、2012年10月~12月まで放送された「パーフェクト・ブルー」に出演されていましす。

寺脇康文が出演していたパーフェクト・ブルー

したがって、寺脇康文さんはドラマの撮影や番宣などでどうしても川口和久さんの結婚式に行けない事情があった、という可能性もあります。

寺脇康文が初代相棒を降板した理由はなぜか

寺脇康文さんと水谷豊さんの不仲説を否定してきましたが、寺脇康文さんが初代相棒を降板した理由は水谷豊さんの親心もあったと考えられます。

水谷豊さんは寺脇康文さんが初代相棒を辞めたことについて、次のように振り返っています。

彼が主役をやれるような俳優になることも目標だったんです。『相棒』の後、寺脇くんが主演ドラマを持ってくれたのはうれしいことでした。

Oricon NEWSより

つまり、水谷豊さんは寺脇康文さんのことを、息子を見るような目で見ながら共演していたことがわかります。

初代相棒の降板は寺脇康文さんから言い出したことだそうですが、棒シリーズで7年間共演してきた中で、寺脇康文さんの成長を認めた水谷豊さんからの進言などもあった可能性もあります。

初代相棒を降板した際に寺脇康文さんは次のように話しています。

気持ちよく卒業させていただくことにしました

日刊スポーツより

寺脇康文さんは7年間相棒シリーズで成長した姿を水谷豊さんに見せるために、あえて卒業して新たなステージに飛び出していったに違いありません。

そんな寺脇康文さんが14年ぶりに相棒シリーズに帰ってくることが決まりましたので、2人がどんな掛け合いを見せてくれるのか、今から楽しみで待ちきれません!

【まとめ】寺脇康文が相棒を降板した理由はなぜか?

今回は初代相棒の亀山薫役を演じた寺脇康文さんが、降板した理由はなぜかを紹介しました。

噂されている寺脇康文さんと水谷豊さんの不仲説については、2022年に2人が再共演されることからあり得ません

寺脇康文さんは相棒に7年間出演したため、新たな挑戦をしてみたい、という気持ちが芽生えて「卒業」という形をとったものと考えられます。

後に水谷豊さんも「主演を張れる俳優になってくれて嬉しい」とコメントしていることから、水谷豊さんの親心でのアドバイスなどガあったのではないでしょうか。

こうして2022年に再び相棒として共演する寺脇康文さんと水谷豊さんから目が離せません!