ザマッチ地上波放送の中止理由はなぜか|榊原信行の黒い噂が原因か【PPVはどうなる】

ザマッチ地上波放送の中止理由はなぜか|榊原信行の黒い噂が原因か【PPVはどうなる】

THE MATCH 2022(ザマッチ)の地上波放送中止が決定して、格闘技ファンが阿鼻叫喚となっています。

そこで那須川天心選手VS武尊選手の試合が行われるザマッチが、地上波放送中止となった理由がなぜかについて紹介していきます。

また、PPV(ペーパービュー)による放送はどうなるのかも解説していきますので、ザマッチを見たい方にとっては必見の内容となっています。

ザマッチ(天心武尊の試合)は地上波放送中止が決定!

天心選手VS武尊選手の試合が行われるザマッチは、公式ホームページによるとフジテレビによる地上波放送と、ABEMAによるPPV(ペーパービュー)での視聴が可能となっていました。

ザマッチの放送スケジュールを示す画像

しかし、2022年5月31日フジテレビが放送中止を発表してPPV(ペーパービュー)による視聴のみとなりました▼

2022年5月31日ザマッチ2022が地上波放送中止に

地上波(フジテレビ)でのザマッチ放送中止理由は榊原信行の黒い噂が原因か

ザマッチが地上波(フジテレビ)で放送中止になったのは、週刊ポストで記事になっている榊原信行代表に対する「黒い噂」が原因の1つである可能性が高いです。

週刊ポストが報じる「黒い噂」を簡単に説明すると次のようになります。

榊原信行代表が反社会勢力のYと付き合いがあることを揉み消すために、ジャーナリストのXに500万円を渡した、というものです。
榊原信行代表は週刊ポストが報じた「黒い噂」を否定しており、現在榊原信行代表はクロともシロともいえない状況となっています。

榊原信行代表が週刊ポストで報道された件については、シロでもクロかは解明されていませんが、2006年のPRIDE放送中止の事例を踏まえると、今回も同様の対応をとることは十分に予想できました。

2006年、PRIDE(RIZINの前身の団体)の代表を務めていた榊原信行代表には今回同様「黒い噂」がありました。
当時運営者として名を連ね、数億円をPRIDEに出資していたフジテレビは即座に契約を打ち切り、当然地上波放送も中止にするという迅速な行動に出ています。
榊原信行代表は無実を訴えましたが、フジテレビは聞く耳を持たなかったといいます。
フジテレビがここまで徹底的に行動したのは、フジテレビのスポンサーへの配慮があったためと考えられます。

今回のザマッチの地上波放送中止の件も、フジテレビの立場に立てばスポンサーからの声を無視することはできず、地上波の放送を打ち切った可能性が考えられます。

なお、2022年5月16日時点では榊原信行代表に関する報道について、フジテレビは次のようにコメントしていました。

「弊社は常に放送における基準や法令・ルールの遵守を徹底しており、今後も適切に対応してまいります。なお、RIZINの主催・運営には弊社は関わっておりません」

NEWSポストセブンより

つまるところフジテレビは「我関せず」という立場をとっていたようですが、スポンサーからの声を無視できなかった可能性があります。

また、フジテレビの株主総会が2022年6月28日に控えている中で、ザマッチの放送を強行することによる株主の声も無視できなかった、という事情も想定されます。

榊原信行代表のプライベートはほぼ明らかになっていませんが、これまでの報道を踏まえて結婚しているのかを検証した記事もあります。
RAIZIN(ライジン)の代表は独身と思われるのですが、その根拠を知りたい方はぜひコチラの記事をご覧ください!

PPV(ペーパービュー)はどうなる?ザマッチ(天心武尊の試合)の中止可能性は低いか

地上波でのザマッチ放送中止の可能性が高まる一方で、ABEMAのPPV(ペーパービュー)放送に関しては予定どおり中継されると考えられます。

その理由はABEMAの収益構造がフジテレビと異なり、スポンサー依存ではなくなってきているからです。

下の図はABEMAを運営するCyberAgentの2021年度の決算報告資料ですが、スポンサーからの収入にあたる「広告収入」よりも、視聴者からの収入である「月額課金」と「PPV(ペーパービュー)」の合計収益の方が多くなっています。

ABEMAの収益構造を示す画像

ABEMAはスポンサー依存から脱却しつつある

この傾向は2022年以降さらに顕著になっていくものと思われ、スポンサー依存していない収益構造から、ABEMAはスポンサーの顔色をフジテレビほど伺う必要はないと考えられ、榊原信行代表の報道に関わらず放送を中止にする可能性は低いと考えられます。

榊原信行代表が今後辞任をした場合、RAIZINが消滅する可能性はあるのでしょうか?
日本格闘技界におけるRAIZINの立ち位置を踏まえて検証した記事もありますので、ぜひご覧ください!

ザマッチ(天心武尊の試合)を視聴するならABEMAのPPV(ペーパービュー)がオススメ!

以上のことを踏まえると、フジテレビの地上波放送でザマッチを視聴する予定だった方は、ABEMAでの視聴を検討してみてはいかがでしょうか
もともとフジテレビでは2時間の放送枠しかない一方で、ABEMAの場合は6~8時間放送され、格闘技ファンはABEMAで視聴する方が満足度が高かったのです。

PPVの視聴料金はまだ明らかになっていませんが、おそらくこれまでの例を踏まえると「ABEMAプレミアム」という視聴コースに入ると、一般販売よりもPPV(ペーパービュー)チケットが安く入手できるはずです。
なので、地上波放送でザマッチを見ようと思っていた方は、この機会に「ABEMAプレミアム」に入会してみてはいかがでしょうか?

「ABEMAプレミアム」は月額960円かかりますが、14日以内に解約すれば一切料金がかからないというメリットもあります。

コチラから簡単に「ABEMAプレミアム」に登録可能ですので、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

 

【まとめ】ザマッチ地上波放送の中止理由はなぜか|榊原信行の黒い噂が原因か

今回は天心選手VS武尊選手の試合が行われるザマッチが地上波放送中止になった理由にについて解説しました。

今回ザマッチはフジテレビによる地上波とABEMAによるPPV(ペーパービュー)方式の放送が行われる予定でしたが、2022年5月31日に、地上波放送は実現しないことが決定しました。

その理由は、フジテレビは表に出していませんが、榊原信行代表に対して週刊ポストが報じた「黒い噂」が原因の1つであると可能性が高いと考えられます。

また、ABEMAのPPV(ペーパービュー)はスポンサーに依存する収益構造から脱却しつつありますので、このまま放送に踏み切ることが考えられます。

したがって当サイトでは榊原信行代表の噂に関わらずABEMAのPPV方式で見ることをオススメしておりますので、この際地上波でザマッチを見ようとしていた方は、ABEMAで視聴することを検討してみてはいかがでしょうか。