山集麻衣子は結婚して旦那(夫)や子供がいるのか【経歴が仇】

京都市の山集麻衣子(やまずまいこ)市議が政治とカネの問題で話題となっていますが、同市議が結婚して旦那(夫)や子供がいるのかをまとめました。

山集麻衣子市議は政治家になる前は華々しい経歴があるのですが、それが仇となり結婚できていないことが見えてくるのです…

詳細はこの後にまとめていますのでぜひご覧ください!

山集麻衣子市議は結婚して旦那(夫)や子供がいるのか

山集麻衣子(やまずまいこ)市議はフェイスブックで情報を発信しているのですが、そこからの情報を踏まえると、結婚しておらず旦那(夫)や子供はいないと考えられます。

フェイスブック上で山集麻衣子市議は有権者とも交流しているのですが、そこでかなり近い距離と思しき方のコメントに、まだ山集麻衣子が結婚していないことを匂わせるコメントがとうこうされているのです。▼

どうか貴女の幸せの為に善き伴侶をみつけて亡きお母様にお孫さんをみせてあげてくださいませ。

この上記のコメントにより、山集麻衣子市議が結婚していておらず、少なくともこのフェイスブックの投稿があった2015年時には旦那(夫)がいない、と判断できます。

また、それ以降山集麻衣子市議に結婚を報告する投稿や祝福のコメントもありませんので、2022年現在も結婚しておらず旦那(夫)はいない、つまり独身である可能性が極めて高いです。

また、「お孫さんをみせてあげてください」という上記のコメントからは、集麻衣子市議に子供がいないことは明らかです。
以前山集麻衣子市議が結婚しており離婚していたとしても、少なくともこれまでに子供がいたことはなかったと言えます。

なお、山集麻衣子市議が結婚していない根拠として挙げた有権者についてですが、下記のやりとりのように、かなり親しい間柄であることが覗えます▼

したがって、コメント主は山集麻衣子市議の家族構成も知っていると考えられ、投稿内容の信ぴょう性は高く信頼できる情報であると言えます。

「美人すぎる市議」と言えば旧統一教会に成りすましてビラを配布した堀本和歌子議員を覚えているでしょうか?

そんな堀本和歌子議員もまた結婚していないのですが、「美人すぎる市議」は結婚できない運命にあるのかもしません…

オススメ記事:堀本和歌子市議は結婚しておらず旦那(夫)がいない理由

山集麻衣子市議が結婚しておらず旦那(夫)がいないワケ

「美人すぎる市議」とも言われている山集麻衣子市議が結婚しておらず旦那(夫)がいない理由として、同市議の経歴が原因の1つであると考えられます。

「美人すぎる市議」をもう一人紹介すると大阪府泉南市の添田詩織市議がいます。

添田詩織市議もまた結婚していないのですが、タトゥーを複数掘っているなど、かなりぶっ飛んだ人物です。

詳細は下記記事にまとめていますので、ぜひご覧ください!

 

オススメ記事:添田詩織市議のタトゥー(刺青)はどこにあるのか【画像で4ヶ所特定】

山集麻衣子市議の経歴は同市議のホームページ(現在は閉鎖中)のプロフィールに記載してあり、以下のとおりです。

山集麻衣子市議の経歴が結婚できずに旦那(夫)がいない原因か

このように山集麻衣子市議の経歴は「留学」→「大学卒業」→「病院勤務」→「JAL」→「政治家」という華々しいものになっております。

この目まぐるしい経歴の変化は山集麻衣子市議が出生した1981年から出馬するまでの2011年、つまり30歳までの間に起こっているのです。

つまり、病院やJALの経営に携わる仕事をしていたと考えられる山集麻衣子市議の20代は、男性とデートなどをして遊ぶヒマなどなく、仕事に追われていたことが想像できます。

結婚相談所のデータによると、30歳を超えた女性が結婚できる確率は35%程度だそうです。

【参照】30歳の独身女性は結婚できない?婚活をして結婚できる確率はどのくらい?

したがって、山集麻衣子市議は仕事にまい進しすぎて結婚できず旦那(夫)がいないまま20代を終え、2022年現在まで独身を貫いていることが1つの可能性として考えられます。

当サイトでは「美人すぎる市議シリーズ」と銘打って特集を組んでいます。

ぜひ、そちらもあわせてご覧ください!

 

美人すぎる市議特集を覗いていてみる

【まとめ】山集麻衣子は結婚して旦那(夫)や子供がいるのか

今回は政治とカネで揺れる山集麻衣子市議が結婚して旦那(夫)や子供がいるのか、についてまとめました。

山集麻衣子市議は、有権者からフェイスブックに投稿されたコメントの内容を踏まえると、2022年現在は結婚しておらず旦那(夫)がいないと判断できます。

また、たとえ過去に離婚した経験があったとしても、子供を授かったことはないことが明らかとなりました。

そんな山集麻衣子市議は、20代の頃キャリアウーマンとして仕事をしてきた経歴があるため、結婚には目もくれず働き続けていた日々だったと考えられます。

山集麻衣子市議の経歴からは結婚よりも仕事に集中したいことが覗えます。

今回の件で政治家として活動を続けられるのかは定かではありませんが、今後も山集麻衣子市議は結婚せずに独身を貫くのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です