JP(芸人)の高校はどこか ものまね芸のルーツも解説

JP(芸人)の高校はどこか ものまね芸のルーツも解説

この記事ではものまね芸人・JPさんの高校がどこなのかを解説します。

2022年1月31日から「ワイドナショー」で松本人志さんの代役で出演しているJPさんですが、どこの高校を卒業されているのかは公表していません。

しかし、これまでのJPさんの言動を踏まえて整理してみると、JPさんがどこの高校を卒業されたのか浮かび上がってきましたで、この記事で詳しく紹介していきます。

JP(ものまね芸人)の高校はどこか

JP(ものまね芸人)の高校はどこかというと、滋賀県草津市にある滋賀県立湖南農業高校である可能性が極めて高いです。

まず、JPさんは滋賀県東近江市出身で、農業高校を卒業していることがわかっています。

これらの情報は、JPさんがツイッターに投稿していました。

JPさんが東近江市出身であることがわかるツイート▼

JPさんが農業高校を卒業していることがわかるツイートであることがわかるツイート▼

また、滋賀県には農業高校が2つあります。

  • 湖南農業高校
  • 長浜農業高校

JPさんが住んでいた東近江市から湖南農業高校も長浜農業高校もおよそ40kmの距離があるのですが、長浜農業高校へは電車が通っておらず車で行くしかありません。

一方、さきほど紹介したグーグルマップのルート検索のとおり、東近江市から湖南農業高校は電車で約1時間20分で行けます。

したがって通学可能圏内かどうか、という観点で見るとJPさんは湖南農業高校に通学していた可能性が高いことがわかります。

両親が毎日送迎をしていた可能性はゼロではありませんが、よほどの理由がない限りは自力で通学する方を選択するのが自然ではないでしょうか。

JP(ものまね芸人)が卒業した湖南農業高校の偏差値や進学先

湖南農業高校の校舎正面画像

湖南農業高校HPより

ものまね芸人のJPさんが卒業したと思われる湖南農業高校の偏差値は、偏差値が37~38と言われています。

したがって湖南農業高校の大半の生徒は、高校で学んだことを生かして就職していくケースが多いようです。

とは言っても進学する生徒は4割ほどおり、中には東京農業大学(偏差値56~60)へ進学実績もありました。

なお、JPさんは高校卒業後は声優の専門学校に行っているので大学には進学していません。

JPさんが農業にまったく関係ないところを進路先に選んでいるところを踏まえると、JPさんは中学当時の成績で入学できる高校を選んで受験したのではないかと考えられます。

JP(ものまね芸人)のものまね芸のルーツは湖南農業高校にあり!?

JPさんは小・中・高・専門学校のときにはイジメにあっていたのですが、モノマネで笑いをとることでやり過ごしていた過去を告白しています。

ものまね自体は中学のときに先生のマネをしたのが始まりですが、芸能人のモノマネを始めたのはJPさんが高校のときです。

高校では元TOKIOの長瀬智也さんのモノマネを開発してかなりウケたそうで、今の持ちネタの原型になっています。

なお、JPさんの長瀬智也さんのモノマネはコチラの動画から見れます▼

このようにJPさんのものまねのルーツは高校時代に自分を守るために磨き上げたもので、それが松本人志さんの代役を務めるまでのクオリティまで高められたということになります。

【まとめ】JP(ものまね芸人)の高校はどこか

今回はものまね芸人・JPさんの高校がどこなのかを解説しました。

JPさんは東近江市出身であることと、農業高校を卒業していることを踏まえると、滋賀県草津市にある湖南農業高校である可能性が極めて高いことを紹介しました。

また、JPさんは高校のときにイジメを回避するために、元TOKIOの長瀬智也さんのモノマネを開発しており、それがきっかけで現在の芸風が作られています。

当時のJPさんにってイジメは嫌だったに違いありませんが、それがなければ今のJPさんはないかもしれません。

JPさんにとっては複雑でしょうが、クオリティの高いモノマネスキルがある事実は変わりませんので、ぜひこのチャンスをものにしてブレイクしていってほしいですね。

 

JPさんについての記事は他にもありますので、ぜひご覧ください!