西野志海アナは今後(テレ東退社後)何をする?フリー転身や企業転職が話題に

西野志海アナは今後(テレ東退社後)何をする?フリー転身や企業転職が話題に

2022年6月6日に、西野志海アナウンサーがテレビ東京を退社することになり、大きな話題となっています。

西野志海アナウンサーは人気アナでしたので視聴者の落胆は計り知れませんが、同時に今後何をするのか気になる人も多いようです。

そこで今回は西野志海アナウンサーがテレビ東京を退職した後、どのような活動をしていくのか解説していきます。

西野志海アナウンサーがテレビ東京を退職

冒頭でも触れましたが西野志海アナウンサーがテレビ東京を退職することになりました。

第一報は文春オンラインが報じていますが、その内容を見ると2021年の年末から続く体調不良が原因とのことです。

西野志海アナウンサーの退職を知って同僚たちは驚きを隠せなかったようなので、それまで西野志海アナウンサーは退職するような素振りはまったくなかったと考えられます。

しばらくは療養に務めるであろう西野志海アナウンサーですが、退職後に何をするのかはある程度思い描いていると考えられます。

西野志海アナウンサーが現在置かれている状況や、アナウンサーの転職事情を踏まえて、西野志海アナウンサーが今後どうなるのかを解説していきます。

なお、西野志海アナウンサーの退職理由となった、体調不良の原因について解説している記事もあります。
西野志海アナウンサーがどのような状況に置かれているかを知りたい方はぜひご覧ください。

西野志海アナウンサーは今後(テレビ東京退職後)何をする?フリー転身や起業転職の可能性について

西野志海アナウンサーが今後何をするのか、現時点で考えうる可能性を紹介していきます。

西野志海アナの今後:フリー転身の可能性は低いか

西野志海アナウンサーの今後は何をするのか、最初に紹介するのはフリー転身の可能性ですが、こちらは考えづらいと言えます。

その理由は、西野志海アナウンサーの退職を知った同僚が驚きを隠せなかったことを踏まえると、テレビ東京のアナウンサー達は寝耳に水だったと考えられるからです。

もし仮に西野志海アナウンサーがフリー転身を目論んでいるとすれば、同僚のアナウンサーは少なからずその情報を入手できたはずで、薄々退職することを知っていたはずです。
したがって、西野志海アナウンサーの退職を知って同僚が驚いたのは不自然であるため、フリー転身説の可能性は非常に低いと言えます。

西野志海アナの今後:企業転職

西野志海アナウンサーの今後何をするのか、続いて紹介するのは企業への転職です。

西野志海アナウンサーが退職して心配する視聴者は多いですが、キー局のアナウンサーを採用したがる大企業は多く、西野志海アナウンサーが望めば引く手あまたであると言えます。
西野志海アナウンサーは知名度も抜群ですので、企業の広告塔としてはこの上ない人材です。

直近ではテレビ朝日の富川アナウンサーがトヨタ自動車への転職したのは記憶に新しいのではないでしょうか。

スポニチより

企業の広報であればアナウンサーの経験を活かした業務にも携われますので、西野志海アナウンサーの企業転職の可能性は大いに有り得るといえます。

西野志海アナの今後:アメリカでジャーナリスト

西野志海アナウンサーの今後何をするのか、最後に紹介するのはアメリカでジャーナリストとして活動していく可能性です。

なぜテレビ東京退職後の活動にアメリカでジャーナリスト活動が候補に挙がるのかというと、文春オンラインの報道によると、テレビ東京退社後も西野志海アナウンサーはアメリカに滞在していることが報道されています。

もちろん後任アナウンサーへの引き継ぎなどを終えて、日本への帰国準備が整えば帰国可能性は十分ありますが、西野志海アナウンサーはアメリカのジャーナリズムに憧れていた、というSmartFLASHの報道もあります。
西野志海アナウンサーはニューヨク支局赴任を経て、アメリカでの活動に大きな魅力を感じて留まることを選択した可能性は十分考えられます。

【まとめ】西野志海アナは今後(テレ東退社後)何をする?フリー転身や企業転職が話題に

今回は西野志海アナウンサーは今後(テレビ東京退社後)何をするのかを解説しました。

この記事で挙げた西野志海アナウンサーの今後は次のとおりでした。

  • フリー転身
  • 企業転職
  • アメリカでジャーナリスト

この内フリー転身は、テレビ東京のアナウンサーの反応を踏まえると可能性は低いと言えます。

したがってアナウンサーの経験を活かして企業に転職するか、もともと欧米のジャーナリズムに憧れていたという夢を叶えるためにアメリカに留まるかの可能性が高いと考えられます。

西野志海アナウンサーがテレビ東京退職後にどのような道を歩むとしても、温かく応援していきましょう!