くまのプーさんホラー化の理由はなぜか?ディズニーの著作権は大丈夫か心配の声も

くまのプーさんホラー化の理由はなぜか?ディズニーの著作権は大丈夫か心配の声も

2022年5月に入り、ディズニーでもおなじみのくまのプーさんがホラー映画になると報道され、話題になっています。

特にディズニーファンの間では、くまのプーさんのホラー化は信じがたい報道だとは思いますので、なぜ映画になったのかその理由を解説していきます。

今回のくまのプーさんのホラーは実はディズニーが作成する映画ではないのですが、著作権は大丈夫なのか、という疑問にもお答えしていきます。

くまのプーさんホラー化の理由はなぜか?

くまのプーさんがなぜホラー化するのかというと、注目を集めたいから、というのが理由として挙げられます。
冒頭でも触れたように映画化されるホラーのくまのプーさんは、「ディズニーのくまのプーさん」ではありません

後ほど詳しく解説しますが、今回のホラー化くまのプーさんは、「原作に基づいたくまのプーさん」です。
しかし、私達にとってくまのプーさんといえばディズニーであり、おそらく100人に聞けば100人がそのように答えると思われます。

したがって、今回のホラー化くまのプーさんが「ディズニーのくまのプーさん」とは違っていても、誰もが「ディズニーのくまのプーさんがホラー化する」と勘違いしてしまい、注目せざるを得ない状況になることは目に見えています

実際にくまのプーさんのホラー化は全国ニュースとなり世間の大きな注目を集めています。
くまのプーさんを題材にしたホラー映画を作ることによって宣伝広告費をかけずに映画のPRができる。
そのような思惑がくまのプーさんホラー化制作サイドにあると考えられます。

くまのプーさんホラー化がディズニーの著作権を侵害しない理由は?

くまのプーさんホラー化がディズニーの著作権を侵害しない理由は、先程も触れたとおり「ディズニーのプーさん」ではないからです。

くまのプーさんの原作はあまり知られていないかもしれませんが、1925年にイギリスの児童絵本作家のA・A・ミルンによって書かれた作品です。
くまのプーさんの原作はアメリカの法律により、2022年1月1日で著作権が切れて誰でも自由にくまのプーさんを登場人物にした作品を作れるようになりました。

ただし、「ディズニーのくまのプーさん」はディズニーの著作権で守られていますので、キャラクターを使用することは認められていません
したがって原作にはいないくまのプーさんのキャラクターのティガーを使うことや、くまのプーさんに赤いTシャツを着せることもできません。

今回ホラー化くまのプーさんを作成した監督のRhys Waterfield(ウォーターフィールド)監督は、ディズニーの著作権を侵害しないことを最も意識したと話しています。

HUFFPOSTより

実際にすでに公表されているホラー版くまのプーさんの画像を見ると、ディズニーのくまのプーさんとは異なり、チェックのシャツを着ているのを確認することができます。

原作のくまのプーさんの画像

そして上の画像のように、原作のくまのプーさんはなんと裸です。

このように赤いTシャツのくまのプーさんはディズニーオリジナルで、ホラー化くまのプーさんはその辺りを配慮しているため、ディズニーの著作権に侵害していないと言えます。

【まとめ】くまのプーさんホラー化の理由はなぜか?ディズニーの著作権は大丈夫か心配の声も

今回はくまのプーさんがホラー化になった理由とディズニーの著作権を侵害していないのかを解説しました。

くまのプーさんをホラー化にしたのは、誰もが「くまのプーさんはディズニー」と思いこんでいることを利用して、注目度を上げたかったのいう理由が考えられます。

また、ホラー化くまのプーさんの著作権侵害については、ディズニーの著作権を侵害しないようにキャラクターや服装などに配慮しているため、その心配はないようです。

「くまのプーさんのホラー化」というパワーワードで世間の注目を集めていますが、「ディズニーのくまのプーさん」とは違うことを理解して、作品を見るかを決めるとよいのではないでしょうか。