山林堂信彦騎手の年収(収入)に驚愕!2022年はいくらもらってる?

山林堂信彦騎手の年収(収入)に驚愕!2022年はいくらもらってる?

矢部美穂さんとの結婚が報道されている騎手(ジョッキー)の山林堂信彦騎手が大きな注目を集めています。

矢部美穂さんの旦那となる山林堂信彦騎手は騎手を職業としていますが、年収(収入)はいくらもらっているのか気になる方も多いようです。

そこで今回は矢部美穂さんの旦那・山林堂信彦騎手の2022年の驚きの収入・年収を紹介していきます。

ある意味、”驚愕な”年収・収入であることが判明しました!

山林堂信彦騎手の年収が驚愕!

山林同信彦騎手の2021年の年収を調べると、約500万円程度という逆に驚愕の年収が試算されました。

山林同信彦騎手のレースによる収入は主にレースの賞金と出馬することで得られる手当です。

まず、山林同信彦騎手のレースで獲得した賞金については、2021年の結果を調べると約5000万円を獲得していました。
しかし、競馬のレースで獲得した賞金は騎手が丸獲りできるわけではなく、馬主や調教師、その他スタッフとの「山分け」となります。

競馬のレースの賞金の内騎手の取り分は、およそ5%と言われています。
したがって、山林同信彦騎手の2021年のレースで獲得した賞金は250万円程度となります。

これに加えて騎手は「騎乗手当」と呼ばれる、出走するだけでもらえるいわゆる「参加賞」的な手当てを受け取ります。
その額はレースによって異なりますが、川崎競馬所属の山林同信彦騎手の騎乗手当は、同競馬場の予算によると1レースで5千円程度となります。(参考:川崎競馬の予算)
ちなみに中央競馬場(大井競馬場)の場合は、騎乗手当がおよそ5万円と言われていますので、かなりの格差があります。

山林同信彦騎手がレースに出馬した回数を数えると、なんとその数328レース。
仮に1レース5万円の騎乗手当が入るとすると、164万円の収入になります。

これらを合計すると山林同信彦騎手の2021年の年収はおよそ500万円と試算できます。

実際は厩舎との契約金などもありますので、山林同信彦騎手は500万円以上もらっていると考えられますが、それでも1千万円は超えないのではないでしょうか。

ちなみに武豊騎手は生涯収入が〇十億円を超えたなどと過去に報道されたこともありますが、それは武豊騎手が中央競馬場を主戦場にしていることから、賞金や騎乗手当が凄まじいことになることが起因しています。

山林堂信彦騎手の2022年収入も試算

同じように山林同信彦騎手の2022年5月末時点の収入も計算してみました。

山林同信彦騎手の2022年5月末までの獲得賞金額は、1816万円となっています。
したがって、山林同信彦騎手の2022年レース賞金による獲得収入はおよそ90万円です。
さらに山林同信彦騎手は2022年5月末時点で98レースに出走していますので、49万円の騎乗手当が支給されています。

したがって山林同信彦騎手の2022年5月末時点でのレースによる収入は150万円に満たないという試算となりました。

山林同信彦騎手の2022年の出走数2021年に比べるとペースが少ないようです。

この原因の1つとして矢部美穂さんとの結婚が控えていたため、あまり山林同信彦騎手はあまりレースに出走できなかった可能性があります。

山林同信彦騎手の年収や収入を見てみると、矢部美穂さんは決してお金で旦那さんを選んだのではないことがわかり、好感を持つ人が多いのではないでしょうか。

【まとめ】山林堂信彦騎手の年収(収入)に驚愕!2022年はいくらもらってる?

今回は矢部美穂さんと結婚した山林堂信彦騎手の年収・収入について調査をしました。

山林堂信彦騎手は地方である川崎競馬場を主戦場としていますので、それほど騎乗手当がもらえないことが響き、レースではおよそ500万円程度の年収額となっています。

さらに2022年は出走しているレース数が少ないため、2022年5月末時点で150万円程度の収入額となっている見込みです。

このことからも矢部美穂さんはお金で旦那さんを選んだわけないと思われます。
そんなお2人の今後が幸せになることを陰ながら応援していきたいと思います。