安徳天皇は最期どうなる?相澤智咲(ちさ)がかわいそうと話題に【鎌倉殿】

安徳天皇は最期どうなる?相澤智咲(ちさ)がかわいそうと話題に【鎌倉殿】

「鎌倉殿の13人」の安徳天皇役の相澤智咲(ちさ)さんがかわいいと大きな話題になっていますが、巷では「かわいそう」との声も聞こえてきます。

それは、「鎌倉殿の13人」で相澤智咲さんが演じる安徳天皇の末路が史実では壮絶であるため、最期が予想できるからです。

そこで今回は安徳天皇が史実では最期がどうなるのかを解説していきます。

涙なしでは安徳天皇の最期は語れません…

安徳天皇の最期はどうなる?かわいそうと話題に

安徳天皇の最期がどうなるのかというと、海上に身を投げて亡くなります

安徳天皇は平家とともに行動を共にしていたため、あの有名な壇ノ浦の戦いで平家が敗れた際に、運命を共にすることになります。

安徳天皇の死が世間で「かわいそう」と言われるのは、安徳天皇の年齢が原因だと思われます。
安徳天皇が亡くなったのは若干6歳のときです。

さらに安徳天皇の6年間の生涯は、幸せなものではありませんでした。

安徳天皇は産まれて間もない1歳のときに天皇になりました。
しかし、まだ言葉も話せない安徳天皇が政治をできるわけがありませんよね。

安徳天皇の代わりに政治を取り仕切っていたのは、歴史の教科書にも出てくるあの有名な平清盛です。
平清盛は権力を握るために、安徳天皇の祖父である後白河法皇(父親は病気で亡くなっています)を幽閉するなど、徹底的に安徳天皇の周りの人物を排除しました。

つまり、安徳天皇の生涯は平清盛のあやつり人形と表現しても言い過ぎではありません

したがって、安徳天皇の最期を知る人たちからは安徳天皇を演じている相澤智咲さんを見て、「かわいそう」と言っているのだと考えられます。

安徳天皇の最期は相澤智咲(ちさ)が演じるのか

安徳天皇の最期を演じるのは、相澤智咲(ちさ)さんで間違いないはずです。

先ほども紹介しましたが、安徳天皇は6歳で亡くなっています
一方、「鎌倉殿の13人」で安徳天皇を演じる相澤智咲さんの年齢は2022年4月時点で7歳です。

ドラマでは幼少期と成長した同一人物のキャストが違うことはよくあることですが、今回の「鎌倉殿の13人」の安徳天皇が崩御した年齢は相澤智咲さんとほぼ同年代です。
したがって、相澤智咲さんがこのまま安徳天皇を最期まで演じるのはほぼ確実です。

あんなにかわいい相澤智咲さん演じる安徳天皇が亡くなるシーンは、絶対に見たくないですよね。
しかし、安徳天皇が最期を迎えるのは確実なので、「鎌倉殿の13人」を見るためには避けては通れないシーンになります。

安徳天皇の最期の翌日からは「相澤智咲ロス」になることは間違いありません。
放送当日は、ハンカチを持ってテレビを見ることをおススメします。

安徳天皇を演じる相澤智咲さんについて深く知りたい方はコチラの記事をぜひご覧ください!

【まとめ】安徳天皇は最期どうなる?相澤智咲(ちさ)がかわいそうと話題に

今回は、安徳天皇は史実では最期どうなるのかを解説しました。

安徳天皇は6歳という若さで、平家とともに海に沈むという壮絶な最期を遂げることになります。

また、安徳天皇の生涯は平清盛の操り人形として幕を下ろしてしまうので、そのような背景からも「かわいそう」と言われるのだと思われます。

相澤智咲さん演じる安徳天皇の最期は、涙なしでは見られないと予想されますので、放送当日は覚悟を決めてテレビの前に座ってくださいね!