優里のレオの意味を考察したら胸アツだった件【歌詞は愛犬との思い出か】

優里のレオの意味を考察したら胸アツだった件【歌詞は愛犬との思い出か】

この記事では歌手の優里さんが歌う「レオ」の意味について解説します。

2022年1月12日に発売された優里さんのファースト・アルバム「壱」に収録されている「レオ」という楽曲ですが、「レオ」の意味って何?って気になりますよね。

実は優里さんにとって「壱」に収録されている「レオ」は最も思い入れがある曲だと知っていましたか?

今回は優里さんが「レオ」に込めた思いとともに、その意味を紹介しますので、この記事を読んだ後は「レオ」をより思い入れを持って聞けること間違いなしです。

優里の楽曲「レオ」のタイトルの意味とは

まず、優里さんの楽曲「レオ」のタイトルの意味ですが、これは犬のことです。

コチラは優里さんの「レオ」のMVになりますが、曲のイメージがあった方が解説が頭に入っていきますので、確認用にご覧ください▼

優里さんの「レオ」の歌詞には、「ショーケース」とか「鼻が利く僕」といった歌詞が出てきます。

また、楽曲中には犬の鳴き声が聞こえます。

これらのことを踏まえると優里さんの楽曲「レオ」は、犬目線で描かれた曲であることがわかります。

優里の楽曲「レオ」の歌詞の意味

続いて優里さんの楽曲「レオ」の歌詞の意味を、場面を次の3つに分けて考察しました。

  • レオと飼い主の出会い
  • レオと飼い主と同居の様子
  • レオと飼い主のお別れ

それでは順番に解説していきます。

優里・レオの歌詞の意味:飼い主との出会い

まずはレオが飼い主の元にやってくるところから物語は始まります。

ショーケースにいたレオ(おそらくペットショップ)は、誰にも見向きもされずに寂しい思いをしていました。

レオの飼い主はどうやら子供のようですね。

最初は仲良く慣れるか不安だったレオでしたが、いつの間にか飼い主のことを好きになります。

そして、レオと飼い主は楽しいときもそうでないときも一緒にいたいと思う間柄になったのです。

優里・レオの歌詞の意味:飼い主との同居生活

レオと飼い主が一緒に住むようになって年月が経ちました。

飼い主は成長し、昔ほどレオと遊ぶ時間が取れなくなってしまいます。

香水をつけるくらいの年齢になり、家に帰る時間も遅い飼い主。

仕方がないと思いつつも、誰もいない部屋でレオは飼い主の帰りを待ちます。

優里・レオの歌詞の意味:飼い主との別れ

そしてとうとうレオと飼い主がお別れするときがやってきます。

飼い主はついに部屋を出て、他の人と暮らすことになってしまいました。

飼い主はレオを連れて行くことはできません。

飼い主はレオとで会った頃よりもずっと多くなった手で、レオの頭を撫でて別れを惜しむのでした。

優里が楽曲「レオ」を作った意味を考察すると胸アツ!

優里さんはアルバム「壱」の解説動画で、レオについて次のように語っています。

アルバム「壱」の中で一番好き!

優里さんが「レオ」について語っている様子はコチラの動画で見れます▼

「レオ」の歌詞と優里さんの言葉を踏まえると、「レオ」の飼い主は少し昔の優里さんではないでしょうか。

優里さんは犬が好きなことは、インスタグラムの投稿を見るとよくわかります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

優里(@yuuri__music__official)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

優里(@yuuri__music__official)がシェアした投稿

優里さんは「ルーク」と「アンディ」という2匹の犬(トイプードル)を飼っていることが判明しました。

なので「レオ」は優里さんは千葉県から上京する際に、ルークやアンディとお別れしたときの情景を思い出して書いた曲である可能性があります。

優里さんにとって記念スべきファーストアルバムに収録したのは、自分にとって最も印象に残っていることを曲に残したかったという思いがあったのかもしれません。

そのように考えると、優里さんがアルバム「壱」の中で最も好きな曲が「レオ」と言う理由にも納得できますし、かなり「胸アツ」になってしまいますよね。

以上が優里さんの「レオ」の意味の考察でしたが、ファーストアルバム「壱」には「ミズキリ」という名曲があります。

「ミズキリ」の意味や作曲に至った背景なども解説していますので、「レオ」が好きな人は「ミズキリ」についても詳しくなってくださいね!

【まとめ】優里のレオの意味を考察したら胸アツだった件

今回は優里さんのファーストアルバム「壱」に収録されている楽曲「レオ」の意味について解説しました。

優里さんがアルバム「壱」のなかで「一番好きな曲」と語っていることと、歌詞の意味を考察すると、「レオ」は優里さんの体験談が歌われている曲である可能性が極めて高いです。

「レオ」は優里さんが好きな曲ですので、今後もテレビなどで聞く機会は多くあるはずです。

優里さんが「レオ」をどんな気持ちで作ったのかを想像しながら聞くことで、より深みのある曲になっていきそうですよね。

 

優里さんの記事はコチラにもありますので、ぜひご覧ください!