橋下徹の長女・長男は京都大学の法学部?娘の就職先はどこ?

大阪府知事や大阪市長を務めた橋下徹氏は子だくさんで有名ですが、なんと7人もお子さんがいらっしゃいます。

ちなみに橋下氏の子供を整理すると次のようになります。

順番 続柄 産まれた年
第1子 長女 1997年生まれ
第2子 長男 1999年生まれ
第3子 次女 2001年生まれ
第4子 次男 2003年生まれ
第5子 三男 2005年生まれ
第6子 三女 2006年生まれ
第7子 四女 2007年生まれ

橋下氏は25歳の若さで司法試験に受かるほど優秀な方なので、子供もその遺伝子を受け継いでいるのではないでしょうか。

特に2021年時点で長女は25歳、長男は22歳ということで社会に出ていく年頃ですが、どのような学歴なのか気になりますよね!

そこで今回は橋下氏の長女と長男の高校や大学について迫っていきます。

最初に断っておくと、橋下氏は子どもについての詳細をまったく公表しておらず、もちろん学歴についても語っていません。

なので、あくまでも予想になりますのでご了承ください。

橋下徹の長女の大学は京都大学の法学部?高校についても解説

ここでは橋下氏の長女の大学と高校について解説をしていきます。

長女の出身大学

橋下氏の長女は京都大学ではないかという意見も多く見られますが、現在の職業を考えると美大やイラストを学べる専門学校出身の可能性もあります。

橋下氏の長女の職業は、イラストレーターでタトゥーの入れ方を勉強しているところです。

タトゥーで食べていこうとしているのは、大阪知事や大阪市長を経験した橋下氏の娘とは思えない発想ですよね。

2021年9月時点で24歳の橋下氏の長女がイラストレーターになるには、4年生の大学卒業後に専門学校に入学したと考えるよりは、高校卒業後に美大や専門学校に通っていたと考えるのが自然です。

もし橋下氏の長女が美大出身ならば、関西の有名な美大は次の4つがあります。

  • 京都精華大学(京都市 偏差値:40)
  • 京都造形芸術大学(京都市 偏差値:40)
  • 大阪芸術大学(大阪府河南町 偏差値:45)
  • 成安造形大学 (滋賀県大津市 偏差値42)

もし自宅から通っていたのなら大阪か京都にある大学が有力ではないでしょうか。

橋下氏の娘であることを考えると偏差値が低く感じるかもしれませんが、美大ですので偏差値よりも絵のスキルの方が重要だと考えられます。

長女の出身高校

長女の出身高校は京都の洛南高校や大阪の桃山学院高校が有力です。

その理由は次のとおりです。

  •  橋下氏の自宅である大阪府豊中市から電車で通える
  • 偏差値が高い

ちなみに各高校の平均偏差値(学科によって異なる)は、洛南高校の偏差値は73、桃山学院高校の偏差値は65で、いずれの学校も優秀です。

橋下氏の娘は、現在でも橋下氏のテレビでの発言について反論を言うときがあるそうなので、もし彼女が美大出身だとしてもかなり頭脳明晰だと思われます。

なので橋下氏の娘の大学がどこであろうと、高校は優秀なところを出ているのではないでしょうか。

なお、洛南高校は豊中市から40キロの距離で電車を使えば1時間30分、

橋下徹長女の高校(洛南)

豊中市から洛南高校

桃山学院高校は洛南高校よりも少し近くて、距離は20キロ、電車で1時間ほどなので、自宅から通える範囲内ではないでしょうか。

橋下徹長女が通った高校(桃山学院)

豊中市から桃山学院高校

橋下徹の長男の大学は京都大学の法学部?高校についても解説

ここでは橋下氏の長男の大学と高校について解説をしていきます。

長男の出身大学

続いて大学についてですが、京都大学の法学部が最も有力です。

その理由は次のとおりです。

  • 偏差値が高い
  • 自宅から通える

もちろん大学生なので橋下氏の長男は一人暮らしをしている可能性もありますが、橋下氏は長男と自宅で会話をしているエピソードを数多く語っています

なので橋下氏の長男は自宅から大学に通っているのではないでしょうか。

また偏差値が高い関西の大学は京都大学の他に大阪大学なども考えられますが、やはり橋下氏の息子なので日本で2番目に難関と言われている京都大学を予想します。

橋下氏の長男は2021年度に司法試験を受験すると、橋下氏の発言もあることから法学部であることは間違いありません。

難題にぶつかって僕に聞いてくることがあるのですが、即答してやると、何でそこまで覚えてるの? と言ってきます。

引用元:president online

と橋下氏は長男について語っており、父親の偉大さがわかってきたようですね。

長男の出身大学

橋下氏の長男の高校は京都の洛南高校ではないでしょうか。

その理由は長女と同様で偏差値が高くて自宅から通える学校だからですが、洛南高校に絞ったのは剣道が強い高校だからです。

橋下氏がラグビーをしていた影響もあり次男と三男はラグビー選手なのですが、長男はどうしたわけか剣道をしていました。

洛南高校は平成28年の京都府剣道優勝大会(10段以下)で3位に入るなど文武両道を体現している学校です。

橋下氏が高校時代にラグビーの全国大会である花園に出場していることからも、長男もスポーツに秀でた学校を選んだことが想像できます。

橋下徹の長女の就職先はどこ?

最後に橋下氏の長女の就職先についてです。

橋下氏の長女は先程説明したように、タトゥーの入れ方を勉強しています。

タトゥーと言えば恐いイメージもありますが、最近では2週間程度で消える「フェイクタトゥー」と呼ばれるものも出てきました。

イラストレーターである橋下氏の長女はもしかすると、タトゥーを掘る職人ではなくアーティストを目指しているのかもしれませんね。

そうだと仮定すると、関西には「AZU BODY ART」のようなフェイクタトゥーを専門にするお店もありますので、就職先の候補として考えられます。

橋下徹の長女の就職先

橋下氏は長女にタトゥーを入れたいと言われたときに承認したそうですが、2週間程度で消えるタトゥーなら納得ができますよね。

まとめ

今回は橋下徹氏の長女・長男の学歴と、長女の就職先について解説をしました。

長女は京都大学ではないかと言う人が多いですが、イラストレーターであることを考えると美大や専門学校を卒業した可能性も十分に考えられます。

また、卒業後はタトゥーを入れる勉強をしたいと言っていたという橋下氏の発言もあることから、「フェイクタトゥー」のお店が就職先ではないかと推測してみました。

長男は2021年に司法試験の受験しますので、京都大学法学部ではないでしょうか。

橋下氏の子供についてのエピソードを聞くと、どの子も自分の意見を持った優秀な人物に成長しているようです。

橋下氏は父親として失格と語ったこともありますが、子供たちはしっかりと父親の背中を見て成長しているようですね。