影山優佳のサッカー経験|ポジションとサッカー歴まとめ【動画あり】

カタールワールドカップで注目を集めている影山優佳さんのサッカー経験(ポジション/サッカー歴)についてまとめています。

影山優佳さんは強化選手として声がかかるほどの才能があり、あの澤穂希さんからもお墨付きをもらっていたのです。

詳細はこの後にまとめていますので、ぜひ本文へお進みください。

影山優佳のサッカー経験|サッカー歴

影山優佳さんのサッカー経験について語る前に、サッカー歴を箇条書きでまとめたのが下記となります。

  • 2002年日韓ワールドカップをスタジアムで観戦(1歳)
  • 日本代表のオーストラリア遠征を見学(就学前)
  • 紅一点でサッカークラブに所属(小学生)
  • サッカー審判4級取得(中学生)
  • ときおり「日向坂46の活動<サッカーの仕事」のスタンスで活躍中

まず、影山優佳さんのサッカー歴の始まりは、両親がサッカー好きだったことにあります。

影山優佳さんの両親は、時1歳だった影山優佳さんを連れて日韓ワールドカップのスタジアムに足を運んで、応援に行くほど熱が入っていたのです。

つまり、影山優佳さんとサッカーは1歳の頃から馴染み深いものであり、影山優佳さんのサッカー歴はほぼ生まれた時から始まっていたのです。

日本代表の試合だけではなく、海外遠征にも影山優佳さんを連れて行ったというエピソードからも、影山優佳さんがサッカー好きになるのは自然なことだったと言えます。

そんな影山優佳さんのサッカー経験の始まりは小学校。
影山優佳さんの他に女子はいませんでしたがチーム1の俊足を活かして活躍、中学に入学する前には強化選手として声もかかっています

しかし、サッカープレイヤーとしての影山優佳さんのキャリアは小学校で一区切りとなります。
影山優佳さんは中学受験が控えていたため勉学に専念することを選択し、強化選手の誘いも断っているのです。

大好きなサッカーを断念するほど影山優佳さんは勉強が好きです。

そのため、影山優佳さんは全国でも屈指の進学校に入学することになるのです。

影山優佳さんの高校については下記記事で詳しくまとめましたので、ぜひご覧ください。

 

オススメ記事:影山優佳の出身高校が悠仁さまと同じだった件【偏差値高すぎで驚愕】

そして、影山優佳さんのサッカー経験は中学以降変化を見せ、例えば審判4級の資格を取るなど、サッカーを「やる」側から「見る」側にシフトしていくのです。

このように生まれた時からサッカー漬けの日々を送っていた影山優佳さんは、2022年のカタールワールドカップでバズることになるのですが、下の動画のようにコメントが非常にわかりやすく、説得力があることが要因となっていると考えられます▼

影山優佳さんのコメントの特長として、流行りの選手の名前を挙げて話すのではなく、チームの背景や歴史などを踏まえて論理的に解説しているところが、サッカーファンにも受け入れられているのです▼

影山優佳のサッカー経験を元にしたコメントの評判は上々

影山優佳のコメントに対する評判

そんな影山優佳さんは現役時代、どのようなポジションを担っていたのかを次で紹介していきます。

影山優佳さんの高校は超進学校だったため、彼女は日向坂46を休業してまで大学受験に挑戦することを選択します。

しかし、影山優佳さんはとある理由で大学受験を諦めることになってしまったのです。

詳細は下記記事でまとめましたので、ぜひご覧ください。

 

オススメ記事:影山優佳が大学に進学しなかった理由はなぜか【東大受験してない】

影山優佳のサッカー経験|ポジションはどこだったのか

影山優佳さんのサッカー経験について、次は現役だった小学校時代のポジションはどこだったのかというと、ズバリ「右サイドハーフ」と「ボランチ」です。

先程も触れましたが、チーム1の俊足だった影山優佳さんは、小学校低学年の頃は右サイドハーフという攻撃的なポジションを経験します。

影山優佳の小学校低学年のポジションは右サイドハーフを経験

小学校低学年のポジションは右サイドハーフ

2022年の日本代表では、右サイドハーフのポジションを担ったのは久保建英選手や堂安律選手です。
影山優佳さんはその俊足を活かし、アシストだけではなく自らもゴールを決めるなど、堂安律選手ばりの活躍をしていました。

そして、小学校高学年になると男子選手のパワーに追いつけなくなった影山優佳さんは新たな活路を見出します。
正確なインサイドキックも持ち味だった影山優佳さんは、ボランチのポジションを務めることになり、ゲームの舵取りを任されます

ボランチはポルトガル語で「ハンドル」という意味があり、現代サッカーにおいては攻撃の起点となる重要なポジションです。
2022年ワールドカップに出場した日本代表のボランチには、遠藤航選手やスペイン戦でゴールを決めた田中碧選手など、攻守に渡って見せ場のあるポジションとなります。

影山優佳さんが解説者顔負けの解説をできるのも、元を辿ればボランチを務めた経験から、試合を見渡す癖がついているからなのかもしれません。

そんな影山優佳さんは、下の動画のように澤穂希さんからもインサイドキックの技術を褒められており、小学校時代のサッカー経験は伊達ではないことを証明しています▼

サッカーに対するコメントもバツグンで、プレイヤーとしても優秀だった影山優佳さんは、今後もサッカー経験を活かせる仕事が多く舞い込むのではないでしょうか。

【まとめ】影山優佳のサッカー経験|ポジションとサッカー歴まとめ【動画あり】

今回は影山優佳さんのサッカー経験についてまとめました。

影山優佳さんのサッカー歴はほぼ生まれた時から始まっており、両親がまだ幼い影山優佳さんを連れて日韓ワールドカップの会場や日本代表の海外遠征に応援に行くほどのサッカー好きでした。

そんな影山優佳さんはプレイヤーとしては小学校で強化選手に選ばれるほどの才能があり、右サイドハーフとボランチのポジションを担った経験があります。

このような経験から影山優佳さんのサッカーに対するコメントは的確でわかりやすいと、サッカーファンにも受け入れられており、今後もそのサッカー経験を活かした仕事が増えることは間違いありません。

影山優佳の関連記事

この記事に訪れた方によく読まれている、影山優佳さんに関する記事を集めました。

気になる記事がありましたら、ぜひご覧ください!

明るい影山優佳さんですが、自分を追い込みすぎてしまったのです…
影山優佳が大学に進学しなかった理由はなぜか【東大受験してない】

影山優佳さんは実力で入学してます
影山優佳の出身高校が悠仁さまと同じだった件【偏差値高すぎで驚愕】

影山優佳さんのサッカー通のルーツは家族にあります。
影山優佳の父親と家族をまとめてみた【家族構成図あり】

全人口の2%に影山優佳さんはいます
メンサ会員はどれくらいすごい?難易度や日本人の会員数・IQまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です