北朝鮮のミサイルを日本はなぜ迎撃しないのか【理由は費用とリスク】

日本が北朝鮮のミサイルをなぜ迎撃しないのか、その理由をまとめています。

実はミサイルを迎撃することは、費用面の問題と様々なリスクに直面するおそれがあり、慎重に行わなければならない事情があるのです。

詳細は本文にてご覧ください。

日本は北朝鮮のミサイルをなぜ迎撃しないのか

日本が北朝鮮のミサイルをなぜ迎撃しないのか、それは「迎撃する必要がない」からです。

防衛省のホームページによると、日本の北朝鮮のミサイルに対する迎撃システムが、下の画像のように紹介されています▼

日本の北朝鮮ミサイルに対する迎撃態勢

つまり、人工衛星やレーダーで北朝鮮のミサイルの動向を監視している以上、その気になれば即座に日本は迎撃態勢を取ることが可能なのです。(成功するかは別として)

そして、即座に日本が北朝鮮のミサイルを迎撃しないのは、上記の迎撃システムを踏まえると明らかです。

日本の迎撃システムは人工衛星やレーダーで即座に北朝鮮のミサイル発射を検知できますが、それと同時に落下地点も予測できるのです。

したがって、日本の領海近くに北朝鮮のミサイルが着弾したとしても、日本の本土に命中することはないと判断できれば、「迎撃しない」という選択をしていると考えられます。

なお、日本の迎撃ミサイルは1発発射するだけで億単位の費用を要します。

1発あたり数億円から数十億円とされる。

日本経済新聞より

さらに、日本の迎撃ミサイルは必要数の6割程度しかないという報道もあり、無駄打ちはできないのです。

迎撃ミサイルの充足率を試算した結果、6割程度しかなかった。

産経新聞より

加えて、迎撃ミサイルを使用することは、北朝鮮との戦争を誘発する恐れもあるのです。
2022年11月15日にポーランドにミサイルが着弾したというニュースがありましたが、それがウクライナが発射した迎撃ミサイルだった可能性が指摘されています。

もし日本が北朝鮮のミサイルに対して迎撃ミサイルを発射すれば、同様のことが起こらない可能性は決してゼロではなく、戦争の火種になることすら想定されるのです。

ミサイルの着弾のニュースが飛び込むたびに、日本が北朝鮮のミサイルをなぜ迎撃しないのかと声が上がりますが、不要な費用とリスクを背負わないようにしていることが理由に挙げられるのです。

北朝鮮のミサイル着弾が連日報道されていますが、なぜ日本付近ばかりなのでしょうか?

日米韓に対する抗議とも言われていますが、実はそれは表向きの理由で、北朝鮮は水面下でミサイルの性能を高めるための”隠れ蓑”にしている可能性が炙り出されたのです…!

詳細は下記記事でまとめていますので、ぜひご覧ください。

 

オススメ記事:北朝鮮はミサイルをなぜ日本に向かって打つのか【非難や抗議以外の本当の理由】

日本がミサイルを迎撃しない理由は対北朝鮮対策の一環も

さらに、日本が北朝鮮のミサイルを迎撃しないのは、北朝鮮に対して軍事的なデータを流出させない、という目的もあると考えられます。

というのも、日本が迎撃ミサイルを発射すれば、北朝鮮は日本の防衛技術がどの程度なのかのデータを取得できます。

北朝鮮に手の内をさらすのは防衛上非常に危険と言えますので、日本は不用意に迎撃ミサイルを発射するわけにはいきません。

北朝鮮のミサイル技術は北朝鮮はミサイルをなぜ日本に向かって打つのか【非難や抗議以外の本当の理由】でも紹介したように、今や世界トップクラスとなっています。

北朝鮮が開発している軌道変更型のミサイル

例えば、上の画像のように、北朝鮮は従来型の放物線を描く軌道のミサイルでなく、軌道が変わるミサイルも開発しているのです。

発射されたミサイルについては2発とも、変則軌道で飛ぶことが可能なKN-23系列のミサイルを地上から発射した

FNNプライムオンラインより

仮に軌道変更型のミサイルに日本の迎撃ミサイルが対応できない、といったことが北朝鮮にバレると、生命の危険だけでなく、今後日本と北朝鮮の外交的立ち位置が逆転することも想定され、日本は不利益を被るケースも想定されます。

このように、北朝鮮のミサイルを見境なく迎撃するのは非常にリスクを伴うため、日本は国民の生命が脅かされない限りは、「迎撃をしない」という選択をとっていると考えられます。

【まとめ】北朝鮮のミサイルを日本はなぜ迎撃しないのか【理由は費用とリスク】

今回は、北朝鮮のミサイルを日本はなぜ迎撃しないのか、その理由をまとめました。

日本にとって北朝鮮のミサイルを迎撃することは、費用面やリスク面において慎重にならざるを得ない理由がありました。

費用面では1本億単位もする迎撃ミサイル(しかも必要本数に足りていない)を無駄打ちすることはできない、という切実な問題がありました。

さらに、迎撃ミサイルが北朝鮮に着弾する可能性もゼロではないことや、日本の防衛力が北朝鮮に知れ渡ってしまうリスクもあり、簡単にミサイルを打ち落とすわけにはいかないのです。

日本が北朝鮮のミサイルを迎撃しないことで、逆に日本を守ることにもなっていると言えますので、防衛省を信じて見守りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。