ゲーリー森脇の経歴wiki!小室圭の後見人が超大物だった件

この記事ではゲーリー(ゲイリー)森脇さんとは何者なのか、経歴を顔画像付きで解説します。

ニューヨークの司法試験に残念ながら不合格となってしまった小室圭さん。

そんな小室圭さんにニューヨークでの就職先となる法律事務所を斡旋したのがゲーリー森脇さんだと報道されています。

眞子さんが皇族でなくなったとは言え、何かと話題の2人に介入するゲーリー森脇さんとは何者なのか、その経歴が気になりますよね。

今回はWikipediaの代わりに、本記事がゲーリー森脇さんが誰なのかを紹介していきます。

ゲーリー(ゲイリー)森脇は小室圭と眞子さんに関わる大物後見人

ゲーリー森脇さんは外務省から紹介された人物で、小室圭さんのニューヨークで働く法律事務所の斡旋だけではなく、眞子さんの就職先にも関わる可能性もあるとして、大物後見人であると報道されています。

さらに小室圭さんが仮に次の司法試験に再び不合格となっても、ゲーリー森脇さんの了解なしでは解雇できないことになっています。

それほど権力のある人物であるゲーリー森脇さんがどのような人物なのか本記事で紹介していきます。

ゲーリー(ゲイリー)森脇の経歴wiki!

ゲーリー森脇さんの経歴についてまとめると次のようになります。

ゲーリー森脇さんは1973年にコロンビア大学の学位を取得して、1976年にニューヨーク市立大学ブルックリン校で法務博士の資格を取得しました。

その後ゲーリー森脇さんは弁護士になり、国内外のビジネスオーナーが抱える問題を解決。ゲーリー森脇さんの専門は不動産関係や相続税にかんすることです。

そして1988年になるとゲーリー森脇さんはニューヨーク日系人会に入会し、弁護士の法律的な知見を生かしてニューヨーク在住の日本人や日系人とアメリカの架け橋となるよう尽力していくようになります。

ゲーリー森脇さんは2005年に行われた長野オリンピックの大会組織委員を務めたことでも知られています。

そして2008年には、ゲーリー森脇さんはニューヨーク日系人会の会長に就任。ニューヨーク日系人会以外にも全米日系人博物館の館長やアジア系アメリカ人同盟の副議長、米日カウンシルの理事などを歴任します。

その後もゲーリー森脇さんは日米の架け橋となるべく尽力し、災害があれば被災地へ足を運び、寄附などの支援も惜しみませんでした。

例えば2011年に起こった東日本大震災では被災者用を基金設立したり、2012年にアメリカで発生した巨大ハリケーンでは被災者用の基金設立に貢献しています。

その功績が日本でも認められ、ゲーリー森脇さんは2014年には日米友好の発展に尽力した功績が評価されて外務大臣表彰を受賞。

その後2019年には旭日双光章を受章しています。

なお、こちらがゲーリー森脇さんです。

ゲーリー森脇の顔画像

ゲーリー森脇さん

ニューヨークビズ!より

ゲーリー森脇さんの顔画像についてはコチラの記事で深堀り解説していますので、ぜひご覧ください!

ゲーリー森脇が小室圭の就職先を斡旋した理由

以上のゲーリー森脇さんの経歴を見ると、外務省が小室圭さんの世話を任せたのも頷けます。

日本政府としては皇族を抜けたとは言え、眞子さんが路頭に迷わないようにしなくてはなりません。

もしも眞子さんが乞食のような生活をしていれば、日本は元皇族に恥をかかせていると世界の笑いものになってしまうからです。

そのため、弁護士であり、かつニューヨークでも様々な組織の幹部を務めてきたゲーリー森脇さんに、外務省は白羽の矢を立てたと考えることができます。

【まとめ】ゲーリー(ゲイリー)森脇はニューヨークでは超大物だった!

今回はニューヨークで暮らす小室圭さんに法律事務所を斡旋した日系アメリカ人のゲーリー森脇さんについて、経歴を解説しました。

ゲーリー森脇さんはニューヨーク日系人会の会長など複数の組織を務めてきた超大物でした。

このことからも日本政府としては、眞子さまを路頭に迷わせないために死にものぐるいで支援をしていることが伺えます。

小室圭さんの支援には税金が財源になっていることを考えると、ぜひとも次の司法試験に合格していただいて、日本政府だけでなく日本国民を安心させてほしいです。

 

ゲーリー森脇さんの記事はコチラにもありますので、ぜひチェックしてみてください!