IVEレイはなぜ韓国デビューしたのか理由を解説 留学のきっかけと韓国語検定合格の秘密も

IVEレイはなぜ韓国デビューしたのか理由を解説 留学のきっかけと韓国語検定合格の秘密も

この記事ではIVEのレイさんが日本人ながら、なぜ韓国でデビューをしたのかを解説します。

IVEのメンバーとして、日本人のレイさんが活躍されているのが話題となっています。

しかしレイさんほどの実力やルックスがあれば、日本でデビューをしても成功していたと思いますよね。

そこで今回はIVEのレイさんがわざわざ韓国で芸能活動をしている理由を解説します。

IVE(アイブ)レイはなぜ韓国でデビューしたのか理由を解説

IVE(アイブ)レイさんがなぜ韓国でデビューしたのかは、次の2つの理由があります。

  • K-POPのステージを見たから
  • 外国語を学びたかったから

それでは順番に説明していきます。

IVEレイが韓国デビューした理由:K-POPのステージを見たから

最初に紹介するIVEのレイさんが韓国デビューした理由は、K-POPの「Red Velvet」のステージを見て憧れを抱いたからです。

レイさんは15歳で韓国に留学をしていますが、日本にいるときにRed Velvetが躍動する姿を目の当たりにして、「自分もいつかあの舞台に立ってみたい!」と思うようになりました。

Red Velvetの中でもジョイさんの大ファンだというレイさんですが、韓国に渡り憧れの人との対面も果たしています。

ジョイさんはレイさんに対していつも優しい言葉をかけてくれる頼もしい存在だとレイさんは語っているので、これからもジョイさんを目標にしていくのではないでしょうか。

IVEレイが韓国デビューした理由:外国語を学びたかったから

次に紹介するIVEのレイさんが韓国デビューした理由は、外国語を学びたかったからです。

レイさんはもその中でも韓国に関わるを仕事をしたいと考えていました。

数ある外国語でも韓国語を選んだのは、先程解説をしたRed Velvetの影響もあったと考えられます。

なお、レイさんは韓国に留学したころはあいさつ程度の韓国語しかできなかったのですが、現在は「キム・レイ」とメンバーから呼ばれるほど、流暢な韓国語を話せるようになっており、韓国語検定4級の資格を取得するまでになっています。

レイさんが韓国語を話す様子は、こちらのプロモーション動画で見ることができます▼

次はレイさんが韓国に留学するきっかけについて解説します。

IVE(アイブ)レイが韓国へ留学したきっかけ

IVE(アイブ)レイさんが韓国に留学したきっかけは、韓国事務所のオーディションが日本であったからです。

先程紹介したように韓国での活動や言語に興味があったレイさんは、姉から「LOENフレンズ・グローバル・オーディション」が日本で開催されることを聞きます。

「LOENフレンズ・グローバル・オーディション」は韓国のNo.1音楽配信サイトを運営する会社として知られており、このオーディションに通ると韓国デビューへの道が開けます。

そのオーディションで圧倒的な歌唱力を披露したレイさんは見事合格。

こうしてレイさんは韓国の芸能界の登竜門とも言うべき学校、通称「カラシ高校」ことソウル公演芸術高等学校へ進学することになります。

IVE(アイブ)レイの韓国語検定4級に合格した勉強方法

IVE(アイブ)レイさんが韓国語検定4級に合格した勉強方法は、テレビやラジオから流れる本場の韓国語を聞くことでした。

レイさんの場合は日本で習う英語の授業とは違い、芸能界で活動するために聞いて話せるスキルが必須です。

したがってレイさんはリスニングとスピーキングに重きを置いた勉強をしたと考えられます。

見事オーディションに合格したものの、当時は「アニュハセヨ」などの誰でも知っているような韓国語しか話せなかったレイさん。

しかしもともと韓国語を学びたいと思っていたレイさんにとっては、突然決まった韓国への留学は良い環境だったのではないでしょうか。

「もうやるしかない!」という状況に置かれたレイさんは必死に韓国語を勉強したことが想像できますね。

韓国語を勉強するレイさんの動画がコチラのTwitterから見ることができます。

この動画では、レイさんは韓国のことわざを勉強しているとのことです。

レイさんはダンスや歌だけでなく、韓国語をマスターするために相当な努力をされていることがわかります。

【まとめ】IVE(アイブ)レイはなぜ韓国デビューしたのか

今回はIVE(アイブ)のレイさんがなぜ韓国でデビューしたのかを解説しました。

その理由は次の2つでした。

  • K-POPのステージを見たから
  • 外国語を学びたかったから

また、韓国へ留学したきっかけは日本で開催されていた韓国のオーディションに参加したからであり、そのときまったく韓国語を話せなかったレイさんはテレビやラジオで韓国語を学びました。

以上のように高い目標に向かって努力を続けられるレイさんは、これからもさらなる高みを目指していくものと考えられます。

そんなレイさんとIVEをこれからも応援していきたいですね!

 

IVEに関する記事はコチラにもありますので、ぜひチェックしてみてくださいね!