永岡桂子文科相の子ども(娘)|教育良すぎで親孝行だった件

岸田改造内閣で文部科学大臣に任命された、永岡桂子氏の子ども(娘)についてまとめています。

永岡桂子文科相はこれまでに幼児教育の無償化やGIGAスクールの拡充・充実に取り組んできた経歴がありますが、同大臣が育てた子ども(娘)もやはり親孝行で立派だったのです…!

詳細はこの後にまとめていますので、ぜひ本文へお進みください。

永岡桂子文科相の子どもは娘が2人

先述のとおり永岡桂子文科相には2人の子ども(娘)がいます。

永岡桂子文科相は2005年に夫の政治家・永岡洋治さんを病気でなくされていて、家族構成は長女・次女とご本人の3人です。

永岡桂子文科相は政治家だったの夫を支えながら子育てもされていて、教育の大変さや難しさを実感されていることがうかがえます。

ご自身が母子家庭の母だからかは定かではありませんが、永岡桂子文科相は自民党母子寡婦福祉対策議連会長として「母子家庭の母及び父子家庭の父の就業の支援に関する特別措置法(議員立法)」の成立に尽力されています。

そんな永岡桂子文科相と子どもの関係は良好です。
次は永岡桂子文科相の子どもの”孝行娘”ぶりがわかるエピソードを紹介していきます。

文部科学大臣を務める永岡桂子文科相の父親は政治家ではなく経営者です。

しかも、東京の中心地渋谷で飼料会社を営んでいたのです…!

永岡桂子文科相と父親の会社の関わりなどもまとめていますので、ぜひ下記記事をご覧ください!

 

オススメ記事:永岡桂子文科相の父親は仕事(職業)何してた?実家が渋谷なのに飼料会社経営のワケ

永岡桂子文科相の教育良すぎで子ども(娘)は親孝行!

永岡桂子文科相のホームページにはブログがあり、2019年2月27日の日記に子ども(娘)がどのようにそだったのかを覗える内容が記載されていました。

内容をいただくとわかるのですが、いつもは自民党本部でお昼ごはんにカレーを食べていた永岡桂子文科相が、その日は娘がお弁当を作ってくれてとても美味しかったと書かれています。

この永岡桂子文科相のブログからは、昔は同大臣が毎日娘さんのお弁当を作られていて、愛情をこめた教育をされた結果、母親思いの優しい娘に育ったことがうかがえます。

永岡桂子文科相がブログに娘が弁当を作ってくれた日記を掲載したのは、「子供を大事にしている」という政治家としてのアピールの側面があったのかもしれません。
しかし、良好な親子関係が築けていないと出来ないことは確かなので、永岡桂子文科相の教育が実を結び、子供は親に感謝の気持ちを表せる孝行娘に育ったと言えるのではないでしょうか。

ここで、毎日子供の弁当を作る親がどのくらいいるか統計を紹介すると、子供のお弁当をほぼ毎日作っている親は221人中20人とかなり少ないというデータがあります▼

お弁当を作ることが教育のすべてではありませんが、働きながら毎日お弁当を作りつづけた永岡桂子文科相の姿は、娘さんに大きな影響を与えたと考えられます。

このようなエピソードから、学校・教育のトップである文部科学大臣として、永岡桂子文科相は期待できるのではないでしょうか。

文部科学大臣は学校・教育以外にも宗教関係を管理する組織でもあります。

そのような組織のトップを務める永岡桂子文科相は、就任記者会見で質問された旧統一教会についての回答が原因で、評判を著しく下げてしまったのです…!

詳細は下記記事にまとめていますので、ぜひご覧ください!

 

オススメ記事:永岡桂子文科相の評判が就任後ガタ落ちの件|統一教会擁護の発言が話題に

【まとめ】永岡桂子文科相の子ども(娘)【教育良すぎで親孝行だった件】

永岡桂子文科相は、実際に子育てをされてきた母であり、教育分野に精通している政治家でもあります。

ただ単に子育てをするだけではなく、永岡桂子文科相は子供が親孝行をしてくれるように育て上げた子育て上手な母だと思われます。

実際に母子家庭の母として子育てに苦労してきた永岡桂子文科相はだからこそ出来る政策があるのではないでしょうか。

昨今の日本では景気後退や物価上昇といったネガティブなニュースを聞き、子育てに不安を感じていらっしゃる方は多くいらっしゃるかと思います。

永岡桂子文科相が幼児教育の無償化をされたように、子育てをしやすい環境づくりを推進してくれることを期待します。

永岡桂子文科相が政治家になったきっかけを、若いころの画像を交えて下記記事で紹介しています。

旦那の志を継いだ永岡桂子文科相の半生を下記記事からご覧ください。

 

オススメ記事:永岡桂子文科相の若い頃から初当選までの道のりが波乱万丈だった件【初当選時の画像あり】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。