大坂なおみ引退の可能性2023【2024年全豪オープンへ】

大坂なおみさんが2023年結婚相手のコーデーさんとの子供を妊娠しましたが、このまま引退する可能性はあるのかをまとめています。

大坂なおみさんは出産後どのような活動をしていくのかをきちんと示していますので、彼女の動向が気になる方は必見の内容となっています。

ぜひ本文へお進みください。

なお、大坂なおみさんの結婚相手については大坂なおみの結婚相手(旦那)コーデーの馴れ初めと経歴まとめで詳しくまとめていますので、コチラもあわせてご覧ください。

大坂なおみ2023年に引退の可能性はあるのか

まず、大坂なおみ選手は妊娠を発表しましたが、そのことを次のようにSNSで発表しています。

妊娠を示すエコーの画像ばかりに目が行ってしまうかもしれませんが、大坂なおみ選手はコメントにとても大事なことを記しています。

Can’t wait to get back on the court but here’s a little life update for 2023

(コートに戻るのが待ちきれませんが、2023年の更新情報をお伝えします)

つまり、大坂なおみ選手は2023年現在は引退など考えておらず、今のところは現役を続ける気持ちがあるのです。

さらに、上のインスタグラムの投稿の3ページ目には2024年の全豪オープン出場を目指していることも書かれています。

大坂なおみ選手には、ぜひとも再びセンターコートに立ってプレーする姿を期待したいです。

大坂なおみ選手の結婚相手コーデーさんとの馴れ初めは下記記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

 

オススメ記事:大坂なおみの結婚相手(旦那)コーデーの馴れ初めと経歴まとめ

とはいえ大坂なおみの引退の可能性はゼロではない

しかし、大坂なおみ選手の引退がなくなったのするのは、尚早であるのかもしれません。

というのも、2022年3月には大坂なおみ選手は試合中に受けた観客からの心無いヤジに傷心してしまう場面もあるなど、精神的にボロボロの状態であることが覗えます。

したがって、テニスの試合から長く離れることで、引退が心によぎる場面もあると考えられます。

また、大坂なおみ選手は人種差別にも苦しんできた経緯があります。

2022年には「The way champs play 」という本を出版していますが、そこにも大坂なおみ選手が抱える悩みが集約されています。

というのも大坂なおみ選手が出版した本には様々な人種の子供たちが描かれており、人種差別に対するメッセージが出版した本に込められていることが覗えます。

このような背景から、大坂なおみ選手が競技から遠ざかることで、再び試合に戻るメンタルになれないことも想定され、このまま引退の道を選ぶ可能性はゼロではないと言えるのです。

この可能性が払しょくされ、2024年には大坂なおみ選手が母親となっても元気にプレーする姿をぜひみせてほしいです。

【まとめ】大坂なおみ引退の可能性2023【2024年全豪オープンへ】

今回は大坂なおみ選手の2023年の妊娠を受けて、このまま引退してしまうのかをまとめました。

大坂なおみ選手はインスタグラムの投稿に出産後もコートに戻ることを表明しており、2024年の全豪オープンに出場すると記しています。

したがって、大坂なおみ選手は今のところ引退する可能性はないと言うことができます。

しかし、これまで試合中を含めて心を傷つけられた大坂なおみ選手ですので、今後しばらくテニスから離れることで、逆に引退へと心変わりする可能性も残されています。

大坂なおみ選手には、ぜひ2024年に元気な姿で全豪オープンのセンターコートで試合をしている姿を見せてくれることを期待したいです。

温かく見守り、大坂なおみ選手を応援しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です