中村逸郎教授は結婚して嫁(妻)や子供はいるのか【教え子に手を出していた!?】

2022年に入りロシア関係の報道が多くなりテレビに引っ張りだこの筑波大学の中村逸郎教授。

毎回その姿を見ると「結婚して嫁(妻)や子供はいるのか」と疑問に思ってしまうこともありますよね。

そこで今回は、中村逸郎教授の結婚や子供について詳しく紹介していきます。

実は中村逸郎教授の嫁(妻)は教え子だったという噂もありますが…

中村逸郎教授は結婚している

まずこの記事の大前提となる部分になりますが、筑波大学教授の中村逸郎教授は結婚していることが明らかになっています。

中村逸郎教授の結婚については、2022年3月22日に掲載されたの週刊文春の取材で本人がインタビューで答えています。

それではこの先は中村逸郎教授の結婚した嫁(妻)や子供について解説していきます。

中村逸郎教授は教え子だった嫁(妻)と結婚していた!

先ほども紹介したとおり中村逸郎教授は、結婚しており妻(嫁)がいます。

中村逸郎教授によると、上智大学で講師をしているときに当時自分の講義を受けていた嫁(妻)と出会ったといいます。
つまり、中村逸郎教授は教え子に手を出して嫁(妻)にしたということになります(笑)

そんな中村逸郎教授ですが、結婚した時期は1990年から2000年の間と考えられます。

その理由は中村逸郎教授は1990年までロシアに留学しており、2000年以降は島根大学での勤務を経て筑波大学に在籍しているからです。
中村逸郎教授は嫁(妻)と結婚した具体的な時期までは取材に答えていませんが、中村逸郎教授の経歴を踏まえると1990年から2000年の間に結婚されたのは、ほぼ間違いないはずです。

つまり、1956年生まれの中村逸郎教授は34歳から44歳の間に結婚していることになります。

ちなみに中村逸郎教授は初めて名簿に将来の嫁(妻)の名前があるのを見て、「この人と結婚する」と直感が働いたと話しています。
中村逸郎教授と嫁(妻)の出会いは、まさに運命の出会いだったと言えますね。

ちなみにですが、中村逸郎教授は2022年4月から、筑波大学から筑波学院大学に勤務場所が変わっています。
なぜ中村逸郎教授が筑波学院大学に転職したのかを解説した記事はコチラにあります!

中村逸郎教授には子供(息子)が2人いる!

そして同じく週刊文春の取材では、中村逸郎教授は子供(息子)が2人いることを明かしています。

そして2人の子供のうち、一人はなんと週刊文春のグラビア班に勤務していることがわかりました。

週刊文春のグラビア班は「原色美女図鑑」などのコーナーを担当しており、約32ページを担当しています。

なお、週刊文春のグラビア班は7人体制で、毎週本誌へのグラビアページに記事を掲載するために、取材や原稿の執筆にいそしんでいます。
なので、中村逸郎教授の子供はかなり忙しい日々を送っていると思われます。

そして中村逸郎さんの子供の年齢ですが、中村逸郎さんが嫁(妻)と結婚したのが1990年から2000年の間なので、週刊文春に勤めている子供の年齢はおそらく20代であると考えられます。
もう1人の子供についても、詳しい情報はないのですがおそらく似たような年齢ではないでしょうか。

中村逸郎教授がグラビアページに掲載されることは考えづらいですが、将来中村逸郎さんの子供が別部署に異動となり、息子から取材を受ける可能性もあり得そうですね。

中村逸郎教授の評判は良さそうなイメージがありますが、解析してみると実はそうでもないという意見もあるようです。

【まとめ】中村逸郎教授は結婚して嫁(妻)や子供はいるのか

今回は中村逸郎教授が結婚して嫁(妻)や子供がいるのかを解説しました。

中村逸郎教授は上智大学で非常勤講師をしているときに、当時学生だった嫁(妻)と出会い結婚しています。

また、中村逸郎教授には子供(息子)が2人おり、一人は週刊文春のグラビア班で勤務していることが週刊文春の取材で明らかになっています。

個人的には中村逸郎教授の息子さんが、中村逸郎教授に取材する日がくるのを楽しみにしています!

中村逸郎教授は筑波大学で勤務していましたが、2022年4月から筑波学院大学に所属しています。
名前が紛らわしい両校ですが、違いを徹底的に調べましたので、ぜひトリビアとしてご覧になってみてください!