たかまつななの学歴(大学/高校)が驚愕な件【偏差値高すぎ】

2023年の元旦から田原総一朗さんから「日本から出て行け」と言われた、たかまつななさんの学歴についてまとめています。

たかまつななさんはあの偏差値の高い2大学を卒業し、そして出身高校も多くの東大進学者を輩出している学校で、驚きの学歴を持っていました。

詳細はこの後にまとめていますので、ぜひごらんください。

たかまつななの学歴:大学どこ【偏差値高すぎ】

たかまつななさんが高校卒業後に進学したのは、慶應大学総合政策学部です。
さらに、その後たかまつななさんは慶應大学大学院政策メディア研究科に進学しています。

たかまつななさんの出身である慶應大学政策メディア研究科は湘南藤沢キャンパスにあり、通称SFCと呼ばれています。

たかまつななさんが慶應大学総合政策学部に進学したのは、下記の夢があったからです。

お笑いを通して社会問題を発信する

Sirabeeエンタメより

「お笑いジャーナリスト」という存在を目指していたたかまつななさんは、まずはジャーナリズムを学ぶために慶應大学総合政策学部の門を叩いたのでした。

なお、慶應大学総合政策学部に入学するためには、大手予備校の河合塾によると偏差値は72.5で、言わずもがな高い学力が求められます。

しかし、そんなたかまつななさんでしたが慶應大学総合政策学部の授業に少なからず不満を感じていたのです。
それは、「お笑いジャーナリスト」を目指すたかまつななさんが求めていた、「ジャーナリズムを深く知るための授業」が少なかったことです。

そのため、たかまつななさんは慶應大学に通いながら、東京大学大学院情報学環教育部に進学することを決意するのでした。

たかまつななさんが進学した東京大学大学院情報学環教育部は、記者などのマスメディアで活躍する人材を育成するための学部で、まさに「お笑いジャーナリスト」を目指すたかまつななさんにとってはうってつけの環境です。

なお、たかまつななさんの出身である東京大学大学院情報学環教育部は、草野仁さんや読売新聞の渡辺恒雄さんも卒業している学部。
まさに、ジャーナリストの登竜門的な存在でもあります。

渡辺恒雄さんは2023年現在、すでに90歳を超えていますが、今なお読売グループの頂点に立っています。

そんな渡辺恒雄さんの2022年の活動を下記記事で振り返っていますので、ぜひご覧ください。

 

オススメ記事:渡辺恒雄の現在2022|ナベツネの影響力は健在だった件【画像あり】

なお、東京大学大学院情報学環教育部はたかまつななさんのように、他に籍を置いている学生が学べるように、授業は午後から夜間にかけて行われ、そのためたかまつななさんは慶應大学大学院の授業と両立ができたのです。
ただし、芸人の仕事を入れられなったため、東大に進学したにもかかわらず、たかまつななさんはマネージャーから大目玉を食らってしまったというエピソードもあります。

このような少し特殊な環境であるため、東京大学大学院情報学環教育部に入学するためには”知識”はさほど求められておらず、たかまつななさんは東大合格について次のように話しています。

お笑いを通して社会問題を発信するという情熱と問題意識があったからこそ、こんな私でも合格できた

Sirabeeエンタメより

たかまつななさんが東京大学に合格したのは、次世代リーダーを育てることを目標に掲げる東京大学らしさが垣間見えたとも言えます。

それでは、次は慶應大学/東京大学と名門大学を卒業してきたたかまつななさんがどのような高校を卒業したのかをまとめていきます。

たかまつななさんが田原総一朗さんから「日本から出て行け」とブチギレされ、2023年の元旦から話題となっています。

下記記事では田原総一朗さんの発言動画を交えてその経緯を紹介していますので、見逃した方はぜひご覧ください。

 

オススメ記事:【動画あり】たかまつななは朝生で何を言ったのか発言内容まとめ【田原総一朗ブチギレ理由】

たかまつななの学歴:高校どこ

たかまつななさんの学歴の内、卒業した高校はフィリス女学院高校です。

たかまつななさんには結婚はおろか将来の旦那となる彼氏もいません。

その理由は、たかまつななさんが高校や大学時代に「彼氏を作らない」という制約を自身に課していたからなのでした…

詳細は下記記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

 

オススメ記事:たかまつななが結婚はおろか旦那(夫)となる彼氏もいない理由

たかまつななさんが卒業したフィリス女学院高校はフィリス女学院大学の付属高校ではありますが、内部進学する学生はほとんどいないのが特徴です。
さらに、フィリス女学院高校はかなりレベルの高い進学校で、2022年実績でたかまつななさんの出身大学である東京大学には10人、慶應義塾大学には59人も合格者を輩出しています。

そんな高学歴なたかまつななさんですが、この頃からジャーナリズムに精通していたと見受けられ、例えば2010年の「国際理解・国際協力のための高校生の主張コンクール」では、「核兵器のない世界に向けて国連がすべきこと」というテーマで入賞を果たしています。

このように、高校時代から将来の目標を定めていたたかまつななさんには、世間からは賛否両論の評価がありますが、現在おおよそ狙いどおりの人生を歩んでいるのではないでしょうか。

【まとめ】たかまつななの学歴(大学/高校)が驚愕な件【偏差値高すぎ】

今回は、たかまつななさんの学歴(大学/高校)についてまとめました。

たかまつななさんはフィリス女学院高校を卒業後、慶應大学総合政策学部を経て慶應大学大学院政策メディア研究科を卒業しています。

また、慶應大学大学院政策メディア研究科に進学すると同時に、たかまつななさんはジャーナリズムをより深く学ぶために東京大学大学院情報学環教育部にも進学しました。

たかまつななさんは世間の評判は賛否両論ありますが、高校時代からの目標を着実に達成しており、その点では非常に有言実行の人物であることが覗えます。

田原総一朗さんから「日本から出て行け」と言われたことも、たかまつななさんにとっては勲章となり、今後もさらに注目を集める言動が見られるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です