蓮舫息子・糸山琳が糸山英太郎の養子になった理由はなぜか【母親の束縛も影響か】

蓮舫息子・糸山琳が糸山英太郎の養子になった理由はなぜか【母親の束縛も影響か】

立憲民主党の蓮舫議員の息子・糸山琳さん(村田琳)が自民党にゆかりがある糸山英太郎さんの養子縁組となり話題となっています。

蓮舫議員といえば立憲民主党の党員で、いわば自民党を「目の敵」にしていることでも有名です。

この記事では、そんな蓮舫議員の息子・糸山琳さんがなぜ糸山英太郎さんの養子になったのか、その理由を解説していきます。

蓮舫息子・糸山琳(村田琳)が糸山英太郎の養子になった理由はなぜか

蓮舫議員の息子・糸山琳さん(村田琳)が糸山英太郎さんの養子になった理由は、糸山英太郎さんが糸山琳さんをたいそう気に入ったからと報道されています。
つまり、糸山英太郎さんは糸山琳さんに政治家の素質があると思われていることになります。

糸山英太郎の顔画像

糸山英太郎氏

文春オンラインより

実は糸山英太郎さんは中曽根元総理に「自民党を頼む」と言われており、自分の後を継いでくれる若者を探していました
糸山英太郎さんは糸山琳さんと会うたびに、その将来性に惚れ込み自分の後継者として育てたいと思うようになったと言われています。

それでは、糸山英太郎さんにとって糸山琳さんのどのようなところが気に入ったのか、糸山琳さんのこれまでの行動を踏まえて検証してみました。

糸山英太郎が糸山琳を養子にした理由:リーダーシップ

まず最初に紹介する糸山英太郎さんが糸山琳さんを養子にしたいと思うに至った理由として、糸山琳さんの優れたリーダーシップが挙げられます。

糸山琳さんは村田琳時代に、「VOYZ  BOY」という50人ものメンバーを抱えるパフォーマンス集団のリーダーを務めていました。
「VOYZ  BOY」は糸山琳さんのリーダーシップもあり、ZEPPダイバーシティ東京で多くの観客を入れてパフォーマンスするほどの人気グループに成長しました。

政治家は言わずもがな高いリーダーシップ能力が求められます。

その点、糸山琳さんは大所帯のグループをまとめ上げた実績があります。
また、糸山英太郎さんは糸山琳さんと会って話す中で、リーダーシップに優れたオーラのようなものを感じ取っていたのかもしれませんね。

糸山英太郎が糸山琳を養子にした理由:行動力

次に紹介する糸山英太郎さんが糸山琳さんを養子にしたいと思うに至った理由として、糸山琳さんの高い行動力が挙げられます。

糸山琳さんは高校時代にイギリスの学校に留学しているのですが、これは母親の蓮舫議員に勧められた訳でもなく、自分の将来のことを考えた末の行動です。
将来税理士になりたいと思っていた糸山琳さんは、海外留学経験が必ず役に立つと人生設計をして必要と思うことを実行しています。

もちろん、それを実現できる経済力がある家庭に産まれたのは糸山琳さんにとってはラッキーだった部分もありますが、糸山琳さんは恵まれた環境にあぐらをかくことなく、最大限活用する行動力があります。

糸山英太郎さんも糸山琳さんが留学した経緯や思いについて聞いてるはずなので、糸山琳の行動力も糸山英太郎さんが惹かれた要因の1つになっているのではないでしょうか。

糸山英太郎が糸山琳を養子にした理由:負けず嫌い

糸山琳の顔画像

糸山琳さん

ORICON NEWSより

最後に紹介する糸山英太郎さんが糸山琳さんを養子にしたいと思うに至った理由として、糸山琳さんの高い行動力が挙げられます。

先ほど紹介した糸山琳さんがリーダーを務めていた「VOYZ  BOY」で活動するまでに、実は糸山琳さんはメンバー間のオーディションに落選するという挫折を味わっています。
その結果を受けて、糸山英太郎さんは死にものぐるいで練習し、メンバーからも認められて活動を始めたという経緯があります。

政治家のように上に立つ人は、多少の逆境にもめげない負けず嫌いであることが必要とされるはずです。

糸山英太郎さんは糸山琳さんとの対話の中で、そのような強い意志があることを知ったことも、養子にした要因の1つになっている可能性はありそうです。

 

糸山琳さんと糸山英太郎さんの養子縁組については「スパイ」とか「遺産目当て」という世間の声があります。
それが本当なのかを検証した記事がコチラにありますので、ぜひご覧ください!

蓮舫は息子の糸山琳が糸山英太郎の養子になったことをどう思ってる?

蓮舫議員としては、息子の糸山琳さんが糸山英太郎さんの養子になったことで、かなり落ち込んだのではないかと言われています。

というのも、蓮舫議員は国会で質問する姿からは想像できないほど息子の糸山琳さんを溺愛していました。

国会質問のときの恐い蓮舫の顔画像

スポーツ報知より

蓮舫議員は「VOYZ  BOY」時代の糸山琳さんのライブを見に行ったり、糸山琳さんの銀行預金を管理して少しでも減ろうものなら心配で連絡していたことが報道されています。

しかし、そんな蓮舫議員の子離れできなかったことが糸山琳さんが糸山英太郎さんの養子縁組を決意させた原因となった可能性もあります。

糸山琳さんが糸山英太郎さんの養子になったのは2021年5月です。
その直前の4月に糸山琳さんは糸山英太郎さんが経営する湘南工科大学に入学するのですが、そこで蓮舫議員は特別授業を行っています。
このことからも蓮舫議員はそのときまでは息子の糸山琳さんが養子に入ることを知らなかった可能性があります。

もしも蓮舫議員が直前まで糸山琳さんと糸山英太郎さんの養子縁組を知らされていなかったとしたら、蓮舫議員のショックは計り知れなかったことが想像できます。

 

糸山琳さんの大学についての詳しい記事はコチラにありますので、あわせてご覧ください!

【まとめ】蓮舫息子・糸山琳が糸山英太郎の養子になった理由はなぜか

今回は蓮舫議員の息子・糸山琳(村田琳)さんが糸山英太郎さんの養子になった理由がなぜかを解説しました。

糸山琳さんは芸能活動をしているときから政治家向きと思われる能力を発揮しており、それが糸山英太郎さんの目に止まった可能性があります。
具体的には次のような点で、糸山琳さんが政治家向きであると思われます。

  • 優れたリーダーシップ
  • 高い行動力
  • 負けず嫌い

さらに、母親である蓮舫議員の束縛はかなり強かったと考えられ、糸山琳さんが辟易していた可能性もあります。

糸山琳さんが今後母親から決別して、糸山英太郎さんの元でどのような政治家になっていくのか注目されていきそうですね。

 

糸山英太郎さんや蓮舫議員に関する記事はコチラにもありますのでぜひご覧ください!